2016-07-31

カナダ製だけど日本製。

 先日、フライト前の点検をしているときに見つけました。


CRJ705シリーズの主輪(main landing gear)です。 これをよく見ると、


 なんと、日本の三井物産系列の会社が部品調達(製造?)をしているようです。 いや〜、まさかカナダ製の飛行機に日本の三井が関わっていたとは! 驚きました。 さらに、

飛行機後部のお尻部分にある、「尻もち防止装置」も三井製のようです。 

 ボーイング787ドリームライナーの製造にも多くの日本の企業が関わっていると聞きますから、CRJも実は日本製のパーツが多く使われているのかも知れません。 なかなか興味深いです。


(つづく)

2 件のコメント:

通りすがり さんのコメント...

住友精密工業ですね〜!
脚のメーカーとして国内の航空機製造業界では有名ですよ(^∇^)

Youhavecontrol@gmail.com さんのコメント...

通りすがりさん

そうなんですね。 知りませんでした。 そういわれてみると、CRJのいろんなところに住友のシンボルがあることに気が付きました。 教えていただきありがとうございました!