2019-10-16

久しぶりのバルセロナと、カナダに来て13年。

 昨年の夏によく行ったスペイン・バルセロナですが、今年の初夏は他社便での就航となっていました。 いろいろな理由があるとは思いますが、主な原因はボーイング737MAXが運航禁止になっているためです。 本来737MAXで運航すべきルートを他機種でカバーしているため、本来のルートを飛ばす機材もクルーも足りていないため、会社は他社数社とチャーター便の契約をしました。 夏の繁忙期も終わりに近づき、自社便のみでカバーできる能力を取り戻しつつあるためか、チャーター契約も概ね終わったようで、ようやくバルセロナ便が我々自社便クルーに戻って来ました。 今月は7日間連続でバルセロナに行くペアリングがありました。 最初は4日間のペアリング(レイオーバー2日)と3日間のペアリング(レイオーバー1日)でした。 

 久しぶりのバルセロナまでのフライト。 モントリオールを出発するのは深夜11時前。 殺人的なスケジュールです(笑)。 現地到着は現地時刻の正午ごろ。 モントリオール時間で言えば、夜11時頃から飛び始め、午前6時頃までの約7時間のフライトです。 一般の方々が眠っている間、我々は飛んでいます。 これだけ遅い出発となると、我々は北米からヨーロッパ方面に飛ぶフライトのほぼ一番最後のグループという感じで、ヨーロッパに到達する頃にはヨーロッパから北米に飛ぶ西向きルートの便が飛び始めています。 

 フライト自体は穏やかで、途中で少し揺れるところもありましたが順調なフライトとなりました。 これまで頻繁に乗務したフランス・マルセイユ/ニース便とは違い、着陸したらすぐにホテルに直行できますし、ホテルまでもシャトルで20分弱なので快適です。 

 ホテルにチェックインすると今回は海が見える側のお部屋。 外には自然科学博物館のようなものがあり、どうやらVIPが来ているようで警察がうようよいる景色が見えました。 すぐにカーテンを下ろし、3時間ほどの仮眠を取りました。 

(写真上:部屋から地中海が少し見えます。ちなみに写っているボトルはレモネードです。)

(写真上:FAさんにルマンドをもらいました笑)

 さて、今回は珍しく48時間のレイオーバー。 初日は市街地を歩き回りました。 主な観光地はだいたい見尽くした感があるので、今回は綺麗な街並みを観ながら、なるべく裏道などの今まで行ったことがないところを歩き回りました。 約10キロ、15000歩ほどあるきました。 これが僕の海外レイオーバーの常となりつつあります。 疲れたところでレストランに入り、パエリアとタコサラダを堪能しました。

(写真上:本場のパエリア/パエーヤはやっぱり美味。)

(写真上:ゴシック地区。 気温も上がり、夏のようでした。)

(写真上:カタルーニャ広場)

(写真上:コロンブス像)

(写真上:夜はまた雰囲気が変わって素敵です。)

(写真上:公園には卓球台があり、若者たちが熱戦を繰り広げていました。)

 この日は歩き回ったおかげでぐっすり眠ることができました。 

 翌日、偶然バルセロナにいた旧友に会い、昼食を一緒に取りました。 その後、サグラダファミリアに行きました。 今までなかなか入場チケットが取れなかったサグラダですが、今回は前もってチケットを購入しておきました。 タワーに上がれるチケットも購入しました。 ちょっと高かったですが、一生に一度の経験ですから良しとしました。

 
(写真上:入場口から観た全景)

(写真上:めっちゃ混んでます。)

(写真上:ガウディは柱を樹々に見立てたそうで、上を見上げると森の中にいるように感じます。木の節も再現されています。)

(写真上:中は想像以上に広いです。)

(写真上:ステンドグラスから入ってくる光が鮮やかで印象的です。 朝を連想させる青系と、夕方を連想させるオレンジ色と、壁によってステンドグラスの色が違います。 これは青系の壁。)

(写真上:中を通り越して反対側に出ると、エッジの効いた印象の強い彫刻が。 こちらはキリストの死と復活に関連したストーリーを表現しているそう。)

(写真上:2026年完成予定とのこと。 今でも作業員が建築作業に追われている姿を見ることができます。これは塔からの景色。)

 今までにバルセロナ市内にあるアントニ・ガウディの作品をいろいろ観て来ましたが、サグラダ・ファミリアはスケールが大きく圧倒的でした。 観れてよかった。 人だらけだったのがちょっと残念で、入場料が結構高い(五千円ほど)のがネックですが、訪れる価値は十分にあると感じました。 

 2回目の3日間ペアリングでは観光はせず、機長と一緒に街のタパス・バーに行って来ました。 スペインではタパス・バーでお酒を飲むのが人気があるようです。 タパスというのは小皿料理で、料理がほんのちょっとだけ出て来ます。 それをたくさん注文し、いろいろな味を楽しむというもの。 海に近いバルセロナだけあってシーフード(あさりやエビ)が最高に美味しかったです。 写真撮ればよかった(笑)。

 7日目にカナダに戻って来たのですが、その日のルートがこんな感じ↓

(写真上:茶色の点々線が空域の境界線です。)
 この日はスペインを出発して大西洋に出たあと、まずはイギリスのシャンウィック(Shanwick)が管轄する洋上管制空域に入りました。 そしてその後、ほんのちょっとだけカナダのギャンダー(Gander)が管轄する空域へ。 その後、ポルトガルが管轄するサンタ・マリア(Santa Maria)の空域へ。 そして駄目押しでアメリカのニューヨーク管制空域に入りました。 1回のフライトで洋上管制空域すべてを通過したのは今回が始めてです。 ちなみに写真のオレンジ色の部分は乱気流が予測されているスポットを示しています。 

 7連勤のあと、2連休でした。 最初はカナダの感謝祭の日。 特に何もしませんが、カナダ人で家族がいる人たちはこの日は集まって七面鳥を食べたりします。 ちなみに、フランス系カナダ人のケベックの方々はあまり祝ったりはしないそう。 不思議です・・・。 カナダの感謝祭はアメリカの感謝祭よりも1ヶ月ほど早いのも特徴的です。

 ここ最近のモントリオールはいよいよ秋らしさが増して来ました。 樹々が紅葉し始めています。 写真をどうぞ。


(写真上:F1サーキットがあるジョンドラポー公園。 ジャック・カルティエ橋から。)

(写真上:F1サーキット方面へサイクリングに出かけた時の景色。)

(写真上:モントリオール市内にあるモンロワイヤルの展望台から。)

(写真上:街中の公園にある樹々も色づいています。)




 今日10月15日は僕がカナダに来た記念日です。 あっという間に13年が経ちました。 13年前にバックパック一つと自転車が入ったダンボール箱をもってカナダにやって来ました。 あの日のことは今でもよく覚えています。 若かったので不安も特になく、情熱だけを胸にカナダに渡って来たように思います。 今の年齢だったら同じような決断はできないかもしれません(笑)。 13年が経ち、カナダの主要航空会社のパイロットとして日々フライトできていること、生活の基盤が整いつつあること、健康面でも大きな問題もなく日々暮らしていけていることなど、自分は本当にラッキーだなと思うことが多々あります。 当然ながら努力もしましたが、やはり自分一人ではここまでは来れなかったと思います。 感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張って行きます。


 明日から3日間ギリシャ・アテネに行きます。 これがおそらく今年最後のギリシャ。 楽しみたいと思います。 ギリシャから戻って来たら休暇に入ります。 久しぶりに一時帰国する予定でいます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


身体的な問題

「僕は〇〇が悪いのですが、パイロットになれますか?」とよく聞かれるんですが、ごめんなさい、僕に聞かないでください(笑)。 僕は医者ではありませんので、答えられません。 不安があれば実際にパイロットになりたい国の航空身体検査を受診してください。 身体証明書が取得できればパイロットになれる身体であることが証明されるわけですから、これを受診すれば不安は一気に解消できますよ。 少々お高いかもしれませんが、いずれどうせ必要になるわけですし、くよくよして時間を無駄にするよりましだと思います。 また、各国の運輸局ホームページには大抵の場合medical standards(身体検査基準)の情報が掲載されています。 僕がパイロットになりたいと思った時、それらを検索して参照しました。 視力や血圧、その他いろいろな不安をお持ちの方がいらっしゃるのは理解できます。 そんな不安はそれらの情報を参照し、実際に身体検査を受けてみれば解消できると思います。 



(つづく)

2019-09-16

マルセイユ・ニース。

 休み明けに休日出勤でフランスのマルセイユニースに行って来ました。 このペアリングによく似たペアリングを以前担当したことがあるのですが、前回はモントリオールからニースに飛び、ニースからマルセイユまで陸路(大型バス)移動、そしてマルセイユからモントリオールに帰って来るというものでしたが、今回は先にマルセイユに着陸し、ニースからカナダに戻るというものでした。

 今回は3日間のペアリングですが、初日は夕方まで自宅にいれますし、三日目も昼過ぎの早い時間に帰宅できます。 そのため、実質留守にするのは二日目丸1日だけという感じです。 また、今回はレイオーバーも短く、ニース滞在時間は19時間ほどでした。 だいたい海外へのフライトの場合には24時間以上のレイオーバーが多いので、今回は短く感じました。 個人的にはだらだら長いレイオーバーよりもサクッと短いほうが好きです

 1日目、出勤時刻は夜8時。 モントリオール空港を午後9時過ぎに出発しました。  他都市からの乗り換えのお客さんを待つ必要があったため出発が少し遅れました。 この日は珍しく滑走路06R(北東方面)からの離陸。 僕がモントリオールベースになってからほとんどのフライトは滑走路24L(南西方面)からの離陸だったので少し新鮮に感じました。 

 ここ最近カナダはすっかりめいて来まして、あまり大きな積乱雲が発生することは少なくなってきたように感じます。 この日も特に避けなければいけない雲はありませんでしたが、上空10キロほどのところで時速300キロ近いジェット気流が存在していて、その影響もあってところどころで乱気流が発生していました。 幸い、長く続くことも、大きく揺れることもありませんでした。 大西洋横断後はイギリスからフランスに入り、パリ周辺を南下してマルセイユがある地中海側に舵を取りました。

 初めてアプローチしたマルセイユ空港ですが、特に忙しくもなく、シンプルなアプローチとなりました。 海側からのアプローチではグライドスロープ角が4度と、一般的な進入降下角度の3度よりも急角度で、降下開始前にフラップや着陸装置を使ってスピードをうまくコントロールしないと、一旦降下を始めると速度調節がうまくいきません。 そのため、そういう点について一緒に飛んだ機長とアプローチ前に確認をしましたが、今回のアプローチはその反対側からのアプローチで、普段通りの3度の降下率でストレートインで下ろせたのでなにも問題ありませんでした。 ちょっと拍子抜けしました(笑)。

 前回行ったボルドーもそうでしたが、ヨーロッパの地方空港に往来する飛行機の多くはヨーロッパ国内を飛ぶエアバス320やボーイング737などの小型機が多いようです。 そのため、空港のインフラがワイドボディ向けではないことも多く、利用できる誘導路や駐機場に制限があったりします。 チャートの注意事項欄には「この誘導路はカテゴリーCの飛行機まで利用可能」とか、「翼幅〇〇メートルの航空機まで通過可能」などと書かれています。 767はカテゴリーDという部類に属する飛行機で、マルセイユ空港にはカテゴリーD機は通れない誘導路が多く存在します。 着陸後、管制官に「滑走路を出るには一番最後か、その一つ手前の誘導路を使ってください」と丁寧に教えてもらい、それにしたがって滑走路を出ました。 

 先に述べたようにジェット気流が強かったおかげで、今回は7時間ほどのフライトになりました。 追い風がずっと吹いていたため、いつもよりも対地速度を稼ぐことができました。 

 そしてここからマルセイユ→ニースの陸路移動です。 なぜ陸路移動するのかは正直詳しく知らないのですが、おそらくはマルセイユ・ニースからモントリオールへのフライトは毎日運航ではないので、無駄にクルーを複数日レイオーバーさせるよりは陸路移動させてでもクルーをさっさとカナダに帰らせようというのが理由なんだと推測しています。 マルセイユとニースは地図上はそんなに離れていないんですけどね・・・(笑)。

(写真上:マルセイユとニースの位置関係)

 ホテルには2時間くらいして到着。 バスの中で1時間ほど目を閉じたこともあり、ホテルでは1時間ちょっとの仮眠で外に出ました。 

 ニース近郊のAntibes(アンティーブ)という都市のホテルに滞在しましたが、ホテルから徒歩数分でビーチに着きます。 気温はまだ30度近くあり、Tシャツ・短パンでオッケー。 しばらく海岸線を散歩しました。 海水浴をしている人々の年齢層は高め(笑)。 年配のフランス人が定年後にニースやマルセイユに移住するケースが多いようです。 日本でいうと熱海とかの感覚でしょうか。 

(写真上:やはり南国的な雰囲気)

(写真上:日光浴している人がいたり、釣りをしていたり)

(写真上:若いギャルよりもベテラン勢が多い・・・笑)

(写真上:おしゃれなビーチレストランがたくさん)

(写真上:洋上には多くのヨットやクルーザーが)

(写真上:こんなところでぼーっとするのもいいなぁと)

(写真上:カナダではもう長袖が必要ですが?)

(写真上:街中の公園でペタンクをしているベテラン達)

(写真上:歴史的な建築物も点々と存在しています)



 夜はクルーと市街地まで出かけ、バーとレストランで楽しい時間を過ごしました。 客室乗務員の子達は若い子が多く、いろいろ面白い話が聞けて楽しいです。 彼らの雇用条件だとか、将来のことだとか、今までやってきたこととか、普段は聞けない話も多いです。 

 翌日は現地時間午前8時前にホテルを出発。 空港までは高速移動ですが、その高速がめちゃくちゃ混んでいました。 フライト2時間前にホテルを出たのに、ゲートにたどり着いたときには出発時刻40分前くらいになってしまっていました。 インバウンドの機材到着が遅かったため、出発時間が遅延していたこともあり特に大きな影響はでませんでしたが、出発2時間も前にホテルを出てるのにぎりぎりってどういうこと?!と思わざるを得ませんでした。

 復路は僕が操縦担当。 北東方面に離陸し、すぐに海上に向かってターンをします。 しかもターンを開始するのは420フィート(下のチャート参照)。 離陸してまさに数秒でターンを開始するような感覚です。 カナダ国内ではこういう離陸はあまりしません(多くの離陸手順は滑走路の方角にまっすぐ上昇します)。 いや〜、この離陸は楽しかったです。 離陸後すぐに管制からさらに右にターンをするように指示され、右手下に離陸したニース空港が見えて来ます。 上空から見えるニースはとても綺麗な場所でした。 その後、グルノーブル、リヨン周辺を通り、ボルドー方面に向けてフライトし、あとはいつも通りに大西洋に出ました。 

(写真上:この日はこのSIDで離陸しました。)

(写真上:白い雪帽子を被っているのがモンブラン)

 モントリオールに戻って来たのは3日目金曜日の正午過ぎ。 そして土日が休みで、明日から6連勤です。 まずはギリシャ・アテネに行きます。 アテネから戻って来たらすぐに翌日またフランスに行きます。 ただ、今回はまずニースに行き、そしてマルセイユから戻ってくるルートです。 今月はこのアテネ・フランスのペアリングを2週に渡り繰り返します。 それで今月の仕事は終わりです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++


訓練の準備
 
「パイロットになるためにどんな用意・勉強をすれば良いですか?」とよく聞かれます。 ずばり、英語力をとにかく高める! これに限ります。 英語さえ問題なくできればあとはなんとかなります(笑)。 海外でパイロットになりたいって思っているなら、英語はできて当たり前。 できないのになろうなんて甘い、っていうと厳しく聞こえるかもしれませんが、つまりはそういうことです。 操縦の腕前は良いのに英語ができないために訓練が中断した生徒さんを今まで何人も見て来ました。 そういうことにならないように、まずは英語を伸ばすことに専念してください。 物理も数学もそんなのは後回しでなんとかなります(笑)。 英語ができなかったら教則本すら理解できません。 どのくらい英語ができたら良いかですか? 日常会話がほぼ問題なくできるくらいはいずれ絶対に必要になります。 エアラインに進むには面接があります。 面接で質問が理解できないような英語力ではお先真っ暗です。 


(つづく)

2019-08-23

ボルドー6日間ペアリング。

 先週木曜から今日までの計6日間フランス・ボルドーまで仕事で行って来ました。 今年からモントリオール=ボルドーまでのルートが新たにスタートしました。 本来は新型ナローボディー機「ボーイング737MAX」で運航する予定だったこのルート。 ご存知の通り世界規模で運航停止措置となってしまっているため、替わりに767で運航することになっています。 このルートは毎日運航ではないため、僕が担当したペアリングでは日曜日着、木曜日発というスケジュールになっています。 そのため、レイオーバーは4日ほどと、今まで体験したことがない長いものになっています。
 
 レイオーバーは4日間でも、実際に働く勤務時間は20時間未満です。 そのため、考えようによっては効率の悪いペアリングということになります(お給料は原則的に飛んでいる時のみ発生します)。 しかし、我々の場合、契約上の理由で一月に最高で16日勤務というスケジュール組みになっているため、長いレイオーバーのペアリングにあたると実務日数が少なくて済む(=レイオーバーの日数で日数を稼ぐ)という考え方もできます。 そのため、シニア組の中にはなるべく長いレイオーバーのペアリングを希望するパイロットも多くいます。

 僕はというと、なるべく効率のよいペアリングで、なるべく少ない日数で月の仕事を終えたいというのが本音なので、こういった長いペアリングの希望を出すことは皆無です。 しかしながら、なぜか今月はこのボルドー行きが回って来ました。 このペアリングをやりたいという希望を出していたパイロットは結構いるはずなのに、なぜ僕に?というのが正直なところでした。 でも、行かなきゃいけないなら楽しむしかないでしょ?ということで、しっかり観光してきました。

 ボルドー市街地には世界遺産がたくさんあります。
 
カイヨー門。 フランスの王様を讃えるための門だそう。

こちらはベルサイユ風の広場、ブルス広場。 

ミロワール・ドー(水鏡) ここは水が満たされたり霧吹きになったりしています。

ジロンド派記念碑。 円柱の上には「鎖から自らを解き放つ自由の女神」があります。

ボルドーの銘菓「カヌレ・ドゥ・ボルドー」の焼き型。

La Cité du Vin でワインのことを学ぶワークショップに参加しました。

ボルドーではミネラルウォーターもワイン風。

ボルドー空港もワインのデコレーションであふれていて面白いです。

 ボルドー空港にはターミナルが3つあります。 Hall Bがエア・フランス用、BilliがLCC用、それ以外がHall A。 我々はHall Aに駐機しました。

 ボルドーは水の側の街という意味なんだとか。 ガロンヌ川という川にこんな橋が数本かかっています。 

 翌日はレンタカーを借り、大西洋に面したアルカションにあるDune du Pilatという砂丘にいってきました。 ここがヨーロッパ最大の砂丘なんだとか。 高さは常に変動しているそうです。

浜風を使ってパラグライダーを楽しむ人々が遠くに見えます。 

砂丘と砂島。 渡り鳥の休息地になっているそうです。

緑も多く、なかなか面白い風景です。

 レイオーバー最終日は午前中にワイナリーツアーに参加しました。 

 ツアー参加者は計8名。 オーストラリア、アメリカ、デンマークなど、国際色豊かな顔ぶれでした。

 ワインで有名なエリア「サンテミリオン」に行きました。 耕作地にはぶどうしか栽培されていないそうです。

 そろそろ収穫の時期が近いようです。 ボルドーで生産されるワインのほとんどは赤ワインで、ぶどうの種類も主なものは3種類ほどだそう。 

この日訪問したのはシャトー・ド・フェラン。 

 フレンチオークで作られたこの樽は手作りで、一つ800~1500ユーロほどだそう。 2年ほど使うと廃棄されるそうです。

貯蔵庫はこんな感じ。 右奥でワインを継ぎ足す職人さんが働いていました。

 このシャトー、ペンやライターで有名なBICの社長が買い取ったんだそう。 社長さんはBICHさんという苗字だったそうですが、Hがあると英語圏ではあまり良い意味ではないため、BICになったんだそうです。 ワインボトルにもよく見るとBICHという名前が書かれています。

 サンテミリオンの街並み。 こじんまりしていて綺麗です。 日本人観光客にも人気のようで、何組かの日本人観光客とすれ違いました。 ご苦労様です。

4日のレイオーバーが終了し、今日モントリオールに戻って来ました。 帰りは僕の操縦。 ボルドーはフランスで5番目に大きい空港だそうですが、比較的こじんまりした空港でした。 ゲート2から出発。 ヨーロッパの空港のあるあるですが、ゲート番号は外(駐機場側)と内(乗客のいるターミナル側)で違う場合があります。 今日は出発ゲートは2と表示されていましたが、実際の駐機スポットはA5でした。

お隣はA220(旧ボンバルディアCシリーズ)のローンチカスタマーであるAir BalticのA220。

 滑走路05を北東に向けて離陸。 離陸後右旋回し、フランス南部方面、スペイン方面に舵を取りました。 ガロンヌ川の東側に沿って上昇しました。 途中、ボルドーの街並みが見えて来ました。 


 その後、スペインの北部を海岸線に沿って西に飛び、そのまま大西洋を横断しました。 いつもはイギリスからカナダに抜けますが、今回はスペインからアメリカ側に抜けたルートを飛びました。 行きは7時間ほどでしたが、帰りは8時間近くかかりました。 意外と長かった! 無事にモントリオールに着陸し、これで今月の仕事は終了です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回の質問と回答はこちら。

英語の学習方法

今の時代、英語を学ぶ方法はそこら中にあふれていると思います。 テレビ英会話、ラジオ英会話、ネット学習、アプリ、etc。 なんでも構いません。 自分に合うものを見つけて少しずつ努力してください。 ちなみに僕はNHKのラジオ英会話(初級から上級まで)を主に使って勉強し、大学時代にはアメリカに1年間留学しました。 海外で活躍する日本人パイロットの中には何らかの形で海外で暮らしたり勉強した経験を持つ人も多いように見受けられます。

今、僕はモントリオールに住んでいて、常にフランス語が周りから聞こえてくる環境です。 街中で見る標識や、職場で聞く言葉などに興味を持って耳を傾けると、それほど努力していなくても結構言葉がわかるようになってきます(これは自分でもちょっと驚いています)。 例えば、今回のボルドー滞在の際も、ホテルでのチェックインの時に聞かれた質問などはなんとなく理解できるようになっていました。 ここ数ヶ月はオンラインのMANGO LANGUAGESというプログラムを使って時間があるときにちょくちょく勉強しているのですが、それで学んだフレーズが街中やフランス滞在中にそのまま聞こえて来たりすることがあります。 一度聞いたことがあるフレーズは脳が覚えているものです。 言語学習の秘訣はずばり「繰り返し」。 単語カードなどを作ってひたすら繰り返したり、英語のドラマや映画を繰り返し観るのもよいと思います。 僕は洋楽の歌詞を丸覚えしたり、真似して歌ってみたりもしました(笑)。 残念ながら英語学習法に近道はないと思います。 少しずつ前に進むしかないと思います。 いろいろ試してみてください。


(つづく)