2008-04-28

ビクトリア560日目:いらいら。



 今日は朝から雨で、朝の最初のフライトはキャンセルしました。 霧が出て、雲が地表すぐ近くにありましたし、視界は1.8キロ先が見えないくらいになっていました。 今朝はVFRフライトが出来ないコンディションでした。

 今朝はチーフとある生徒の訓練の進み具合についての話をしました。 なかなかうまく訓練が進まない生徒がいて、その生徒の対処法をいろいろ教えてもらいました。 自分の教え方がダメなのかなと思い、久しぶりに凹み、いらいらしました。 フライトがキャンセルになったので2時間時間が空いたので空港のターミナルに行ってぼんやり飛行機を眺めてきました。 本当はレッスンプランの見直しでもしようかと思ったのですが、集中できずじまいでした。

 今日はフライトを2本だけ飛びました。 最初のフライトの生徒さんは今日から訓練を始めた方ですが、よく考えたらディスカバリーフライトのときに離着陸をしてもらった生徒さんでした。 イギリス出身の方で、ウルトラライトというカテゴリーの飛行機ライセンスを持っていたそうです。 通りで操縦がうまかったわけです。 ということで、急遽今日も離着陸をやってもらい、あとは基礎的なことのおさらいをやりました。

 今日はパイパーチェロキーのオーナーの方に初めてお会いしました。 他のスクールで訓練を受けていたそうですが、そちらで教官がスクール側の理由で3回も替わり、その度に教え方が違ったりしたり、他にもいろいろ不満があってVFCで訓練を受けることになりました。 僕はパイパーチェロキーは今まで2回しか飛ばしたことがありません。 いつものセスナは高翼機といって翼がコクピットの上にある飛行機ですが、パイパーチェロキーは低翼機で旅客機のように翼が下にあります。 でも飛ばし方はほとんど同じです。 今日は機体は見ませんでしたが、いろんな書類や保険などに不備がないかの確認をマネージャーやチーフを交えて行いました。 チーフの予定が変わって今日は飛ぶことはできませんでしたが、来月の1日に飛ぶことになりそうです。 機種が違うので、またPilot Operating Handbook(通称「POH」)を勉強したり、エアスピードを覚え直したりしないといけませんが、違う種類の飛行機に乗ることができるのは貴重な体験なので頑張りたいと思います。

 今夜はチャイニーズレストランに行ってきました。 食後のフォーチュンクッキーのおみくじが今日の写真です。 「あなたの思いやりが困っている人を救う」と出ました。 なんだか僕の生徒で訓練がうまく行っていない生徒にもっと思いやりを持って接しろと示唆しているようでなんだかおかしかったです・・・(笑)。 かなり辛抱強くつき合っているんですけどね、既に。

 ではまた明日。


(つづく)

0 件のコメント: