2008-05-02

ビクトリア564日目:久しぶりに山へ。



 今日は朝から久しぶりのマウンテンフライトに行ってきました。 昨年CPL訓練を受けている最中に生徒として飛んだ以来です。 今日はアシスタントチーフと生徒一人と僕の3人で飛び、いろいろな教え方や注意事項を主に勉強させてもらいました。 それにしてもアシスタントチーフは知識の総合デパートのような人です。 フライト中はとにかくなにかを話しています。 生徒がどのくらいてんぱるかによってしゃべる量や内容は調節するそうですが、今日はマシンガンのようにしゃべっていました(笑)。 それでも我々に関係のある無線が聞こえてくるとぴたっ!としゃべるのを止めるあたりがさすがはプロです。

 今日は僕の生徒のクリスのマウンテンチェックに同行した形になりました。 やや焦っていたように見え、途中でいくつか理解不能なことをやったりもしましたが、全体的にはしっかりと飛べていたように思います。 僕はホープ空港からリロエットまでのフレーザー峡谷に沿った約1時間のフライトと、スクウォミッシュ空港からバンクーバー空港経由でビクトリアに戻ってくる1時間のフライトを担当しました。 ホープは舗装された滑走路ではなく、芝生のグラスランウェイです。 今日は本当のソフトフィールドテイクオフを久しぶりにやりました。 いつもは生徒と二人で飛ぶことが殆どですが、今日は3人の重さを載せて、さらには重いサバイバルキットなども搭載していたので操縦感覚はいつもと少し違いました。

 リロエットでは久しぶりにターコイズ色のシートン湖を見ることができました(今日の写真はシートン湖から流れ出す川とフレーザー川が合流するところです)。 今日はきれいな色をしていました。 昨年ドライブに行ったら普通の水の色でがっかりして帰って来たのは懐かしい思い出です(笑)。 詳しくは過去ログをご覧ください・・・。

 マウンテンフライトから戻って来てフライトを1本とブリーフィングをやって8時にようやく仕事が終わりました。 今日はクラブを去ることになった教官のさよならパーティーがクラブラウンジでありましたが、僕は仕事で殆ど参加できませんでした。 皆さんパーティーの後はビクトリアに飲みに出かけましたが、僕は明日も仕事があるし、そもそも飲酒運転はできないのでおとなしく帰ってきました。 付き合いが悪いやつだと思われていることでしょう(笑)。

 明日は土曜日。 朝から晩まで飛んでます。

 ではまた明日。


(つづく)

1 件のコメント:

金太郎 さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。