2009-05-23

氷河!



 今日は朝からマウンテンフライトに出かけました。 いつものルートはビクトリアを出発してホープ空港に行き、フレイザー峡谷を北上してリロエットに着陸、そして燃料補給後に峡谷を南西方面に抜けてスクウォミッシュ空港に着陸し、バンクーバー空港上空を通ってビクトリアに戻るというコースです。 ただ、今日は生徒さんの一人が既にこのルートを飛んだことがあるというので、いつもと違うルートにしました。 いつものスクウォミッシュを止め、ペンバートン空港に着陸し、そこから山を飛び越えて西に進んでグレーシャー(氷河)を飛行することにしました。 

 出発間際になって機体のトラブルが少しありましたがなんとかクリアして出発。 今日も晴天でどこにいっても雲一つないような青空が広がっていました。 気温も上がってきて、リロエットでは25度近くあったようです。 ホープでは芝生の滑走路でタッチアンドゴーをしてからフルストップランディングとなりました。 リロエットで100LLの燃料がないというNOTAMが出ていたので、ホープで燃料を満タンにして出発。 リロエットではトイレ休憩のみ、ペンバートンでは生徒さんが席を交代したのみでした。

 今回のフライトの見所はなんといっても氷河。 今日の写真はその氷河への入り口です。 この先にはものすごい景色が広がっていました・・・。 写真はまた明日以降にアップします。 雪の壁に突き進むようなところではあまりにも雪が白過ぎて遠近感覚を失いそうになります。 また、気温が高かったせいもあってか高度がなかなか上がらず、なんどか谷の間で旋回しながら上昇するということもありました。 なかなか実用的なテクニックが要されるフライトになったと思います。 山を超えるということもあってチャートを読む力も要求されます。 カナダの自然のすごさを改めて感じました。 


(つづく)

0 件のコメント: