2009-06-09

久しぶりに。

 

 今日、仕事のあとで久しぶりにサイクリングにいってきました。 ちょっと前から前輪からカラカラと不思議な音がしていたので今日じっくり調べてみたら、スポークの1本が緩んでいました。 今度締め上げてやらないといけません。 

 今日のサイクリングの途中、歩道橋の入り口に設けられている車止めのようなものに接触しそうになりました。 以前の僕ならあり得ないことです(偉そうに聞こえるかもしれませんが・・・笑)。 どうも腕が落ちているような、感覚が鈍っているような気がします。 そこで考えてみました。 自転車の腕前と飛行機操縦の腕前には関連はあるか。 おそらくあると思います。 

 自転車にせよ、車の運転にせよ、ある程度、次になにが起きるのかを予測しながら走り続ける必要があると思います。 予測能力がないと転倒・落車・事故につながります。 飛行機の場合も同じだと思います。 操縦桿への圧力のインプットやスロットルの調整によって飛行機の飛び方がどうなるのか。 それを予測・観察・体感して次に必要な行動を起こすことができるようになると操縦はうまくなるように思います。 

 なんてことを考えながら小一時間サイクリングをしました。 それから散歩にもいったので、今日は結構アクティブな一日だったように思います。

 明日はクラブでスタッフミーティングがあります。 噂ではオリンピック開催に伴う空域の制限などに関することの説明などがあるということです。 それからブリーフィングとフライトがあります。 
 
 今日の写真は僕の生徒さんがマウンテンフライトからの帰り道に撮った一枚です。 ビクトリアにアプローチしてくるAir Canada JazzのDash-8で、背景の白いメキシカンハットのようなものが航行支援装置の一つ、VORのアンテナです。 ちょっと見えづらいですかね。 すみません!


(つづく)

0 件のコメント: