2010-05-13

ファーストソロラッシュ。



 ここ数日で生徒を次から次へとソロに送り出しています。 来週にもまた一人送り出すことになりそうです。 

 ファーストソロはパイロットにとって一生忘れることのない、記念すべきフライトです。 ファーストソロに出ることは僕の生徒さんの場合は事前に知らせているので、あまり驚きはありません。 僕がファーストソロに出たときは突然言われて、気持の整理もできないまま、あっという間に一人で飛ばされたという感じでしたが。 

 ソロに出ることになると、生徒さんはだいたい次のような行動をするようです。 (1)緊張のあまり、今まで出来ていたはずのことができなくなる、または、(2)今までどおり、まったく動じない。 多くの生徒さんは前者で、ごく当たり前なことです。 今までは教官がいるから、ということで安心して飛んでいたのに、ある日突然一人で飛ぶことになるのですから。 右側の椅子が空いていることの不自然さに慣れるには時間がかかるものです。

 今日の生徒さんとのフライト前の同乗フライトで、飛行機のフラップが壊れました。 仕方なく着陸し、他の飛行機に乗り換えて再度出発しました。 彼にとっては文字通り一生忘れることのできないフライトになったと思います(苦笑)。

 今日の写真はライラックという花です。 日本語名は知りません。 そもそも僕は花には全然疎い人間なので。 この花の匂いを嗅ぐと、母方の祖母のことを思い出します。 なんとも言えない田舎のにおいがします。 この匂いはずっとタンスに入れてある芳香剤(?)の匂いだと思っていたのですが、実はこの花の匂いだったんじゃないかと思います。 匂いと記憶の結びつきは面白いですね。


(つづく)

0 件のコメント: