2011-06-01

水上飛行機。



 本当に久しぶりの投稿です。 投稿をサボっていた間にもいろいろコメントいただきましてありがとうございます。

 先月の頭に日本大使館でパスポートを更新するため、バンクーバーの在バンクーバー日本領事館に行って来ました。 アイランド(ビクトリアなどの島)在住者には予約をすればパスポートを即日発行してくれるという便利なサービスがあります。 それを利用して朝早くバンクーバーに行きました。

 ビクトリアからバンクーバーに行くには大きく二通りの方法があります。 ひとつはビクトリア北端のSwartz Bayからフェリーに乗って本土に渡り、そこから市バスと電車(スカイトレイン)を乗り継いでバンクーバーダウンタウンに行く方法です。 この方法で行くと領事館に着くまでに3,4時間はかかります。 もう一つはビクトリアのインナーハーバーからフロート機(水上飛行機)を使ってひとっ飛びする方法です。 これだと家から領事館まで1時間強でついてしまうのであっという間です。 方法1の場合はコストは片道20ドルほどでもっとも安価。 多くの人、特に車で移動している人はこの方法を選びます(車の場合はもっと高いですが)。 方法2だとなんと大人一人片道140ドルほどです(汗)。 「時は金なり」と信じる方には水上飛行機をお勧めします。

 インストラクターをやっているといろんなところに知り合いがいたりします。 特に航空業界の知り合いが少しずつ増えてきます。 偶然にも水上飛行機エアラインのWest Coast Airのドックで働いているスーパーバイザーがビクトリアフライングクラブの卒業生で、Facebookでバンクーバーに行く旨を書いたら「buddy passをあげるよ」という連絡が来ました。 West Coast Airの従業員にはbuddy passという割引乗機チケットが年間ある一定の枚数与えられるそうで、それが福利厚生の一部のようです。 このチケットを使うと友達や家族がタダに限りなく近い料金のみでフロート機に乗れてしまいます。 僕はありがたいことにこのチケットを使わせてもらうことができまして、おかげで快適な旅を格安ですることができました。 いや〜、ありがたかった!

 そしてこれが僕にとっての初めての水上飛行機でした。 いや〜、さすがタービン機(乗ったのはタービンのOtterです)。 パワーがレシプロとは桁外れです。 あのスムーズにスプールするエンジン音はたまりません。 水上飛行機での出来事はまた後日書きますが、なにはともあれ無事にパスポートを更新し、その日の午後にはあっという間にビクトリアにもどってこれました。

 West Coast Airは昨年(?)にHarbour Air というもう一つの水上飛行機エアラインと合併し、今では名前は2つ存在しますが、どちらも同じ会社のようです。 そして、写真のバスにも記載があるとおり、世界でもっとも大規模な水上飛行機エアラインなんだそうです。 お金に余裕がある方にはビクトリアに来る際にはバンクーバーから水上飛行機をお勧めします。 初めての方にとっては島々の景色は見ごたえがあると思います。


(つづく)

0 件のコメント: