2012-09-14

訓練終了! そしてシフト開始。

先月中旬にビクトリアを出発して、車で約1700km離れたところにあるアルバータ州のHigh Levelという小さい町にやってきました。 訓練はHigh Levelからさらに東に1時間弱行ったところにあるFort Vermilionというさらに小さい村にある空港で行われました。 訓練は会社のポリシーのことやら、高高度トレーニングやら、飛行機のシステムやらについてです。 約1週間の座学のあとはフライトトレーニングでした。 今回の仕事で飛ばすことになった飛行機はこれ↓





双発ターボプロップ機で、今まで飛ばしていたセスナ172やパイパーSeminoleの倍以上の速度で飛ぶことができます。 

ということで、3回訓練飛行をして4回目でPPC(Pilot Proficiency Checkの略)フライトテストでした。 結果は無事に合格。 

今回の仕事はmedevacというもので、Air Ambulanceとも呼ばれています。 つまり、空飛ぶ救急車。 飛行機の客室内は椅子がいくつかとりはずされていて、そこに担架を載せて患者さんと救急救命士を大都市の空港まで運びます。 

シフト初日、いきなり電話がなり出動命令が出ました。 行き先は小さい空港で患者をピックアップし、そのあとエドモントンまで運ぶというもの。 初めてで戸惑うことがたくさんありましたが、楽しいフライトでした。 そしてこの日、初めてフライトレベル(高度18000フィート以上)を飛びました。


FL190!!

エドモントンで患者さんと救急救命士をおろしたあとは、ひたすらFBOで待機。 夕方6時くらいにエドモントン到着で、ベースに戻ってきたのは次の日の朝1時過ぎ。 これがmedevac pilotの仕事のリズムのようです。

まだ今日はシフト3日目で、電話がなるのを待っているところです。 電話がなるまでは基本的になにをしてもいいんですが、電話がなったら30分以内に離陸しないといけないらしいのでちょっと気が張ります。

また詳しいことはおいおい書いていこうとおもいます。


(つづく)



0 件のコメント: