2013-02-25

ウィニペグに行きました。

 先週は忙しい日が続きました。 以前にも書いたかもしれませんが、今僕がいるフォートマクマレーは以前いたハイレベルよりもフライトの数が多いベースです。 今のところ、ほぼ毎日、少なくとも2日に1回はフライトがあります。 僕的には忙しいほうが飛行時間が貯まるし、腕前も上がるのでうれしいのです。

 先日、とても忙しい1日を体験しましたので、その日のことを書きたいと思います。 その日はフォートマクマレーからEdmonton City Centre Airportまで行き(飛行時間50分ほど)、そこからEdmonton Int'l Airportまで行きました。 City CentreからInt'lまではたった10分程度のフライトで、かなりばたばたと忙しいフライトになりました。 上昇したと思ったらすぐに降下。 これがEdmonton Int'lに行く初めてのフライトになりました。 そこで患者さんをピックアップ。 そして今度はさらに南下してCalgary Int'l Airportまでひとっ飛び。 ここがすごかった。 ILSアプローチをしたのですが、ILSのminimumsは200ft。 天気は地上に霧の層が発生していて、300ftでBrokenという報告。 もしかしたら下りれないかも?と思いながらアプローチをし、ミニマムに到達するほんの数秒前になってようやく滑走路のアプローチライトが見えました。 いや〜、これはエキサイティングでした! そこで患者さんを下ろし、次の患者さんをピックアップ。 ここでまた霧が濃くなってきて、離陸に必要な視程ぎりぎりに迫ってきているところを慌ただしく離陸。 車輪が滑走路を離れたと同時くらいに雲・霧に突入! これも初めての経験でした。 そして今度はなんとWinnipeg Int'lまで飛ぶことになり、約650NM (約1200km)の距離を飛行しました。 風があったので、3時間近いフライトになりました。 多分僕が今まで飛んだ中で一番距離も時間も長いフライトだったと思います。 ウィニペグはアルバータ州の隣の隣の州にある市です。 もちろんウィニペグに行くのは初めて。 到着したのは朝3時過ぎでした。 


ウィニペグで給油中。


 ウィニペグには元同僚が働いていて、たまたまFacebookのcheck-inを見てくれたその同僚が空港まで会いに来てくれました。 短い間でしたが再会を喜び、救命士達が空港に戻ってきてからすぐにフォートマクマレーまで帰ることになりました。 これまた長いフライトで、3時間近く飛びました。 この頃になると機長も僕も結構ヘロヘロで、機長はフライト中にお昼寝をしていました(笑)。 かなり爆睡されていたらしく、無線なんかも聞いてなかったみたいです。 途中、軍の練習空域にさしかかりそうになったときに管制官から呼ばれ、「今のスピードだと、そこの進入禁止空域がアクティブになるまでに通過し終わりそうにないから、次のwaypointを経由してフォートマクマレーまでフライトしてください」とダイバートの指示を出されました。 機長は爆睡で聞いておらず、僕が一人でGPSにそのwaypointを入力。 オートパイロットでそれらをトレースしてフライトしました。 この瞬間がなんだかプロフェッショナルパイロットだな〜と思った瞬間でした(笑)。 

 結局その日は8時間フライトしました。 いつもは短い日で2時間ほど、長くても4時間ほどのフライトがほとんどなので、この日がいかに長い時間コクピットにいたかがお分かりいただけるかと思います。 ベースに到着したときにはもう朝でした。 


サスカチュワン州上空の朝焼け。


(つづく)

1 件のコメント:

職務経歴書のダウンロード さんのコメント...

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!