2014-12-22

ジャンプシート。

  一昨日までまたもやトロントでの仕事を4日間やってきました。 最終日はアメリカ・クリーブランドからトロントまでのフライト。 1フライトだけで、あとはデッドヘッドでカルガリーまで帰るっていうスケジュールでした。 ところが、このペアリング終了後は僕は4日間休みだったので、「だったら、トロントからビクトリアまで直行便で帰ろう!」って決めました。

 こういうときに限ってフライトが遅れたりするんですよね(笑)。 トロントからクリーブランドまでのフライトが30分ほど出発が遅れたみたいで、飛行機がクリーブランドに到着したのは予定よりも20分ほど後のことでした。 結局、僕達のフライトの出発も少し遅れました。 「これはやばい、ビクトリア行きの便に間に合わないかも?」ってちょっと焦りました。 そもそも、トロントに到着してから50分でビクトリア行きの便が出発するという超タイトスケジュールでしたし、国際線なので税関を通らないといけないし、税関から出発ゲートまでは結構距離があります。 6割方諦めていました。 

 トロントに着陸してゲート到着が予定よりも10分ほど遅れていました。 この段階でビクトリア便の出発まで約40分。 急いで荷物をまとめ、飛行機を降りました。 機長は「俺のことは待たなくていいから、走れ〜!」みたいに行ってくれたのでそそくさと早歩きを始めました。 僕が操縦していた便のお客さん達を途中で追い越し、税関もスピーディーに通過。 再度安全検査場をくぐってなんとかビクトリア便のゲートに到着。 まだ搭乗手続きの終わりに差し掛かったくらいみたいだったので「間に合った〜!」とちょっと感動。

 ところが、次の瞬間、係員の人から恐ろしい言葉が・・・。

「この便はあいにく満席ですよ」

 一番恐れていたことが起きてしまいました。 空席がない。 あ〜、これは無理だな、やっぱりカルガリーに戻るしかないな〜と思っていた矢先、

「ジャンプシートなら空いてますよ」

っと係員に言わました。 「リクエストお願いします」と伝え、数分後に機長からOKが出て、晴れてビクトリアに帰れることになりました!

 この日はエアバスA320型機で、コクピットのジャンプシートに座るのは初めてでした。 いや〜、コクピットが広い! 普通に立っても頭が天井にあたりません。 機長も副操縦士の人も親切な人で、いろいろ教えてくれました。 やっぱり大きな飛行機で、ジェット機なので、コクピットはだいぶ静かです。 ヘッドセットなしでも会話できるくらい。 とてもよい経験をさせてもらいました。 ただ、ジャンプシートは快適な椅子ではないので、そこに5時間以上座っているのはしんどかったですけど・・・(苦笑)。 途中でコーヒーをもらいにフライトデッキから出れたので、そこで少しストレッチをして乗り越えました。 パイロットの仕事ぶりを見せてもらえたのがとても勉強になりましたし、今後の身の振り方などを考える際の参考になりそうです。


(つづく)
 

0 件のコメント: