2015-04-25

休暇中に思ったことなど。

 休暇も中盤を過ぎ、残すところ1週間ほどになりました。 まだ一週間あると考えるか、もう一週間しかないと考えるか。 いずれにせよ、やらなければいけないことのほとんどをやり終えました。 

 休暇初盤にこちらで初めてマッサージに行きました。 面白いですね、こちらでは「マッサージ・セラピー」なんていうみたいです。 以前に腰を痛め、それからいつか行こうと思っていたんですが、結局今になりました。 幸い、今の会社の福利厚生で毎年いくらかのマッサージ・セラピーが無料で受けれるので、それを大いに活用させていただきました。 腰のあたりの筋肉をゴリゴリやられ、途中で「い、痛いです」と手を何度か上げました(笑)。 腰のあたりの筋肉がやっぱりこっているみたいですが、僕の仕事の内容(長時間の座位)を考えるとそんなに悪くはないとのこと。 体幹を鍛えたほうがいいよと言われました。 分かってはいるんですけどね・・・。

 歯医者にも行きました。 日本で治療した歯に少し問題あり。 こちらはいわゆる「歯医者」さん以外にも歯茎の専門家とか、根管治療の専門家とかがいます。 なので、歯医者さんが歯茎の問題を見つけると、歯茎の専門家に紹介状を書いて、その専門家に後日診てもらうという感じです。 日本ではあまりないですよね。 これの良い点と悪い点: 良い点は専門家はその特殊な治療のみを専らやっている人なので、知識と経験が豊富で技術力が高いようです。 悪い点はいわゆる自由診療になることが多いので、保険がきかず、自腹になることが多いこと。 あとは治療終了までの時間が長いことでしょうか。 日本だったら歯医者にいけばすぐに治療してもらえるし、保険がきくことが多いので安価に治療できます。 でも、こちらでは予約は一ヶ月先なんていうのが当たり前。 その間に悪いところがさらに悪化するんじゃない?って思いますが、それはそういうもんみたいです。 こちらで歯医者にかかって初めて日本の歯医者さんの良い点・悪い点っていうのを考えさせられました。 治療の技術が結構後進的で、こちらの歯医者さんが「この詰め物、なに?」とか言って驚くこともちょくちょくあります。 日本の歯医者さんはすぐに診てくれ、安価、しかも一人の歯医者さんですべてをこなすことができるので非常に便利ですが、その一方で専門医に比べると症例の数が少なかったり、治療技術の向上とかに時間を費やすことが難しいのではないかなと思います。 日本の歯医者さんもサラリーマンと同じで、来院する患者の数をこなすことで精一杯で、研究とか専門性の追求、新技術の導入などに取り組むことが現実的には無理な環境で働かれているのかもしれません。 って、なにを真剣に歯医者さんのことについてこのブログで書いてるんでしょう。 とりあえず、歯は大事にしてくださいね、っていうことです(笑)。

 その他、家の大掃除をやりました。 フローリングの水拭き、ワックスがけ、トイレ・お風呂の掃除、などなど。 いつもは嫁さんも仕事で忙しいので、あまり時間がないんですよね。 僕は月の半分はホテル住まいで家にはいないし。 こういう機会がないと大掃除はできません。

 で、ふと思いました。 よく考えたら、このコンドミニアムを購入してちょうど1年が経ちました。 あっという間でした。 いつのまにかちゃんとマイホームになりました。 ここにいると落ち着くし、帰ってきたいと思える場所になりました。 よく考えたら、こんなに一回で長期間自宅にいることは今回が初めてです。 いつもは数日いたらまた数日外出っていうパターンなので。 毎日帰ってこれたら最高だけど、これはエアラインパイロットの定め。 仕方ないと割り切っています。 やっぱりビクトリアは最高だな〜って毎日街を歩いていて思います。 しばらく、もしくはずっと、他所には行きたくないです。 

 街路樹も葉がつきはじめ、初夏っていう感じになってきました。 これからがビクトリアにとって最高の季節です。 

 写真はバルコニーからダウンタウン方面を見た眺めです。  ここで日を浴びながら飲むビールが最高なんです(笑)。 お近くにお寄りの際はぜひご連絡ください。




(つづく)

0 件のコメント: