2008-03-03

ビクトリア504日目:距離感覚。



 今日はフライトを3本行う予定でしたが、寒冷前線の影響で雨が降り、昨日に引き続き雲が低いところに点在するような状態でした。 フライト1本目はインド人の生徒とのフライトの予定でしたが、ローカルエリアに出ても高度を上げることが見込めないため、フライトをキャンセルしました。 

 2本目はナイトレーティングの生徒と計器飛行の練習をする予定でしたが、こちらも天気の影響でキャンセルしました。 今日はGFAを見るとビクトリア付近にタービュランスが予報されていて、さらにはアイシングの心配もあるという予報が出ていました。 そのため、こちらもフライトはとりやめました。

 3本目は他の教官の生徒と飛ぶ予定でしたが、その生徒が現れなかったため電話をしたら、「数時間前にクラブに電話をしてフライトを取り消したはず」というではないですか。 そんな報告は誰からも聞いていませんでしたので、仕方なくNo show feeをチャージしました。 本当はそうはしたくはなかったですが、これがクラブのポリシーでもあります。 マネージャーに相談したら、24時間を切ってからフライトをキャンセルする場合には「僕はこれで生計を立てているんだから」と説明をして、ちゃんとNo showをチャージすれば良いと言われました。 お金のトラブルは人間関係のトラブルにもなるのでなるべくそういうシチュエーションは避けたいのですが、マネージャーがいう通り僕はフライトをしないと生計が成り立たないわけで、さらには僕は生徒のために時間を割いているわけですから、そこで生徒の都合でキャンセルされた場合にはチャージが発生して当然だと思います。 ということで、これからは感情論は抜きにして、24時間以内のキャンセルにはすべてチャージしていくことにしました。 今後僕と一緒に飛ぶことになる皆さん、24時間以内のフライトキャンセルにはくれぐれもご注意ください! 24時間以上前のキャンセルであれば問題ありませんので。

 今日の写真は枕元の壁に貼った日本の航空図です。 関空の展望台のお土産屋さんで買いました。 部屋に貼ろうと思って購入していたもので、ようやく新居に移ったのでこれを貼る場所ができました。 僕の地元にある福井空港と石川県の小松空港は航空図上ではたったの20マイルしか離れていません。 1N.M.(ノーティカルマイル<海里>)は約1.8kmですので、20マイルは約36kmです。 この距離はビクトリア空港からローカルウエストエリアまでの距離とほとんど変わりません。 毎日福井空港を出て小松空港に行くような距離で飛行訓練をしています。 空にあがると距離感覚がおかしくなります。 きざな言い方をすれば、空からは地球が少しだけ小さく感じます(笑)。 大げさですね。

 明日はフライトは1本だけです。 明後日は休みなので、明日の午後からはちょっと早めの僕の「週末」です。 水曜日は天気が良いようなのでうれしいです。

 ではまた明日。


(つづく)

1 件のコメント:

Aviator さんのコメント...

お疲れ様です。今日は上空の寒冷前線の通過でこちらでも強風と雨に加え雲も低かったので管制圏内に留まりサーキットでクロスウィンドの訓練をしてました。
風はRWY07 で140@15G25Kts でラダ-にはまだ余裕がありましたがPPLでソロになったばかりの生徒さんだったので初めはかなりビビッテいました。
昨晩はブルームーンカフェでオイスターバーガーを食べました。帰りにCYYJを出発するまえに気象レーダーで雨雲の動きを確認していったのでほぼ想定通りのコンディションでしたが降雨の為にEast Pointを過ぎるまで対岸のバンクーバーは全く見えませんでした。East PointからVORを使ってPoint Robertsを見つけて無事帰投しました。CZBBへは19時頃到着したのですが、その時のCYYJのその時のMETARを見ると雲が2千フィート位まで下がっていたので出発がもう少し遅れたらビクトリアに泊まる事になっていたかもしれません。