2008-03-24

ビクトリア525日目:嬉しいことと困ったこと。



 今日はフライトが5本と忙しい一日になりました。 天気予報ではサンダーストームがいたるところにあるということでしたが、目視で確認できた嵐の目のようなものは1つくらいでした。 それでもその嵐からは竜巻のようなものが伸びていましたし、かなりの高度まで積乱雲が伸びていたように見えました。 あんなのに巻き込まれたらセスナ172/152なんてひとたまりも無いと思います。

 今日は少し嬉しいことがありました。 僕の担当生徒の一人で、今までフライトの基本をマスターできない生徒がいたのですが、かなり粘り強く教えた結果、今日になってようやく上昇や下降がだいたいできるようになりました。 これでようやくまた次のエクササイズにすすむことができます。 一般的な生徒よりもかなり時間はかかることになりそうですが、それでも時間をかけて対応すれば少しずつであってもちゃんと進歩するということが分かったのでとてもよかったです。

 一方、今までちゃんと飛べていた生徒が2週間ぶりに訓練にもどってきたらエラいことになっていました(笑)。 前回までちゃんとできていたことがまったくできなくなっています。 今度はこの生徒と根気強く向き合うことになりそうです。 この生徒は、最初は飲み込みが早く、きっと10時間ちょっとでソロに出るんではないかと思っていたのですが、あっという間に飛行時間は20時間を超えました。 もうしばらくソロに出るには訓練が必要だと思います。

 明日はフライトが4本あります。 天気が良くなってくれるといいのですが、相変わらずぐずついた天気が続いています。 先月まではよい天気が続いていたのに、今になってまた崩れています。 

 今日の写真はIFRのホールディングパターンを考えるときに使うプレートです。 チーフがどこかからもらってきてクラブに余っていたやつを一つもらってきました。 未だに使い方はわかりませんが、少しずつ教科書を読んでいるので、いつか分かるようになると思います。

 ではまた明日。


(つづく)

0 件のコメント: