2008-04-12

ビクトリア544日目:ルー大柴。



 今日は夏が来たような陽気になりました。 朝はひんやりしていましたが、雲が一切ない快晴になりました。 気温は20度近くまで上がったようです。 教官を始めて、今日になって初めてベストや上着なしでフライトに出れました。 暖かいとそれだけで幸せな気持ちになるから不思議です。 仕事の後に雲一つない青空を見ながら、「仕事は順調だし、天気はいいし、今日のフライトもうまくいったし、幸せだな〜」と思いました。

 今日はフライトが4本、立て続けにありました。 天気がよかったのでフライトも楽しかったです。 天気がよいのはいいのですが、その反面、気温が上がると空気の密度が下がるので、エンジンパフォーマンスは低下します。 最後のフライトでは飛行機の上昇性能が通常よりも明らかに落ちているのが分かりました。 夏になるともっと酷くなると思います。 仕方ありませんけど。

 今日の最後のフライトは日本人の生徒さんでした。 日本人を教えるのはこの生徒さんが初めてです。 とりあえずは日本語で教えているのですが、すぐに英単語が出て来てしまうので恥ずかしい思いをします。 いつもは英語でブリーフィングをしているので言いたいことはある程度決まっているし、言い方も殆どいつも同じようなことをいうのでよいのですが、日本語で英語のマテリアルを使ってブリーフィングをするとなると普段よりも気を使います。 生徒さんと話をして、これからは専門用語は日本語に直さず、英語のまま説明することにしました。 そうでないといずれはネイティブの試験官と飛ばなければいけないくなるわけで、その直前に英語の言葉を暗記し直すのでは大変すぎます。 僕は日本語でしゃべるときに横文字をやたらと入れるのは嫌いなのですが、今回は目的が目的なので、ルー大柴のように話をすることに決めました(笑)。 

 今日の写真はバンクーバーからの帰り道の南ジョージア海峡です。 

 明日はフライトが終わったあと夕方から教官だけのパーティーがあります。 ブレントウッドベイにあるレストランに行ってきます。 

 ではまた明日。


(つづく)

0 件のコメント: