2008-04-11

ビクトリア543日目:「Line up and wait」。

 

 今日の午後からはようやく春が来たような天気になりました。 いつもは長袖のジャケットを着てフライトに出かけますが、今日はジャケットを脱いでも寒くないくらいになりました。 

 今日はフライトを3本だけ飛びました。 体調がまだ完璧ではないので、フライト3本だけで切り上げて帰ってきました。 このブログを書いている今はまだ午後7時半で、外はまだまだ明るいです。 いつもならまだ飛んでいる時間です。 たまには早く帰って来てゆっくりするのも悪くありません。 

 昨日から航空管制が少し変わりました。 滑走路手前で離陸許可をリクエストすると、次の3つのうちのいずれかを言われることが殆どです:

A. 「Cleared for take-off」 
これは文字通り離陸を許可するという意味です。

B. 「Taxi into position (and wait/hold)」 
これは、滑走路の離陸位置に入って離陸の準備をせよ、ということで、離陸許可が出るまでは離陸できません。

C. 「Hold short」 
こう言われたら、滑走路には入ってはいけません。 通常、着陸してくる飛行機がいるときなどにこういわれます。

っと、カナダでの離陸待ちの時の管制官からの指示はこの3つが基本です。 しかし、今月からBの言い方が少し変わりました。 これからは「Taxi into position」の代わりに、

Line up and wait

と言われるようになりました。 これは国際民間航空機関(ICAO=アイカオ)の取り決めに準ずるもので、カナダ以外のICAO加盟国ではすでにline up and waitというところが多いそうです。 日本も確かこういうはずです。 面白いのは、カナダの管制官は「Taxi into position」と言うのに慣れているので、今でも時々「taxi into position」と言っています。 でも、管制官も一生懸命努力しているようで、「Taxi into....., Line up and wait」と途中で言い直す管制官も見受けられます。 ルールの変更はパイロットのみならず、管制官達にも影響を与えているようです。

 明日は8時からフライトがあり、そこそこ忙しい一日になります。 今日も早めに寝ます。

 今日の写真は昨日のバンクーバーへのフライトからの1枚で、滑走路26Lへのアプローチのショートファイナルです。

 ではまた明日。


(つづく)

4 件のコメント:

昇 さんのコメント...

こんばんわ!ATC用語がtaxi into positionからLine up and waitにいよいよ変わったみたいですね。日本でも一昨年からこの言い方に変わったみたいなので、日本に帰ってリードバックする時、戸惑わなくてすみそうです(笑)

YouHaveControl.net さんのコメント...

昇クン

そっちでもLine up and waitが聞こえるようになりましたか? こちらでは昨日から突然聞こえるようになりました。 昨日からCYPKやらCYNJがクラスCになったし、きっと昨日からいろんなことが新しくなったんだと思います。 Nav Canadaが勝手に決めたんでしょうね。

昇 さんのコメント...

たしかNAV CANADAからNoticeがでてて、四月十日からと書いてありました。これを機にVTAを買い換えようと思います。そのうちビクトリアに行くので行くときはいいますね☆

YouHaveControl.net さんのコメント...

昇クン

そうそう、NOTAMには4月10日からって書いてましたね。 そのNOTAMは今日になって消去されてました。 

ぜひビクトリアに来てください。 飯でもいきましょ。