2008-06-01

ビクトリア593〜594日目:日が長い。



 日本は梅雨に入ったそうですが、こちらは相変わらずカラッとしていて気持ちのよい天気が続いています。 今日になって久しぶりに雲が多い日になりましたが、それでもフライトには一切影響がない感じでした。 
 
 昨日は友達を空港に送っていった後、午前10時からフライトを再開しました。 5日間の休みを取り戻そうと思い、生徒さんが予約を自由に入れれるようにスケジュールをオープンにしておいたところ、フライトが7本入っていました(汗)。 結局、フライトがすべて終わったのは午後11時過ぎでした。 最近は夜10時頃にならないと暗くなりません。 ナイトフライトがある日は必然的にフライトが終わるのは日付が変わる直前頃になってしまいます。 これがナイトクロスカントリーフライトだったら日付が変わっても飛び続けなければいけないんだと思います。 昨晩は家に戻って来て御飯を食べて眠ったのは午前1時過ぎでした。 幸い今日は正午からの勤務だったので朝はゆっくりできましたが、洗濯やアイロンがけなどをしていてばたばたとしていました。

 昨日、日の入り後にナナイモ空港に行きました。 ナナイモにはフライトサービスステーション(FSS)という施設があり、空港の情報を無線で教えてくれます。 昨日はこのFSSが閉まる直前にコンタクトをしたので、無線の返答は「FSSはあと10秒で閉まります」というものでした。 仕方なくuncontrolled airportに到着するときと同じ手順で無線発信しました。 ナナイモはFSSが閉じている間はARCAL(アーカル)という仕組みが備え付けられています。 ARCALというのは、無線の発信ボタンを数回押すと滑走路および誘導路のライトが点灯するというものです。 このARCALのことは筆記試験対策などで勉強しますが、実際に利用したのは昨日が初めてでした。 真っ暗な中、無線のボタンを5回クリックすると滑走路が暗闇の中から明るく浮かび上がります。 その光景はなかなかきれいです。 

 今日はフライトを5本こなしました。 明日も同じく5本フライトがあり、最後のフライトではピットメドウズとチリワックへのクロカンフライトをする予定でいます。 天気が良くなると良いのですが。

 今日の写真は友人に撮ってもらった(というよりは撮られた)写真で、ビクトリアの南端にあるマイル0の海岸線です。

 ではまた明日。


(つづく)

0 件のコメント: