2008-06-02

ビクトリア595日目:「マイコー」。



 今日の最後のフライトでピットメドウズとチリワック空港にクロスカントリーフライトに行ってきました。 台湾から来ている生徒さんと一緒に飛んできました。 自分が生徒として飛んでいたころは、無線でときどき訳の分からないことを言われて焦ったものです。 最近になってさすがに分からないことを言われることは殆どなくなりましたが、今日、ちょうどメインランドに向けて飛んでいたときに「@#$%^に進路を変えてください」と言われました。 最初は聞き取れなかっただけだと思い、「Say again(もう一度言ってください)」とお願いしましたが、やっぱりわかりません。 生徒ももちろんチンプンカンプンでした。 どうやら地図にも載っていない場所に行けと言われたようです。 そんなの分かるかよ!とちょっとイライラしました。 ビクトリアに戻って来たら、管制官が僕の生徒に、「マイコーって言うのは止めた方がいいよ」と言ってきました。 飛ばしていた飛行機の登録番号は「FMEK」という飛行機で、これをフォネティックアルファベットでは「Foxtror Mike Echo Kilo(フォクストロット マイク エコー キロ)」と呼びます。 今日の生徒さんはネイティブではないので、「マイク」と言っているつもりが、ネイティブには「マイコー(=マイケル)」と聞こえたようです。 そんなの大したことじゃないのにわざわざ指摘してくるなんて感じの悪い管制官だな〜と思っていたら、フライトの後でオフィスにその管制官が顔を出しにきました。 別に意地悪で言ったわけではなかったようです。 

 今日は朝から嫌なことがあって、ブルーな一日になりました。 さっさと寝てまた明日から気分を入れ替えて頑張ろうと思います。

 今日の写真は友人が撮ったチリワックへのショートファイナルの写真です。

 ではまた明日。


(つづく)

0 件のコメント: