2009-04-24

またまたラングリーへ。

 

 今日は別の生徒さんとラングリー空港とチリワック空港に行ってきました。 文句のない青空で楽しいフライトになりました。 ラングリーへのアプローチでは、生徒さんが空港にかなり近いところまで進んでようやく空港を見つけることができたので、かなりの急降下率で空港にアプローチしましたが、結局高く入り過ぎ、オーバーシュート(着陸やり直し)となりました。 良い経験になったと思います。 チリワックでは僕はサンドイッチ、生徒さんはエッグズベネディクトを注文。 僕はいつもメインランドトリップでチリワックに行くときには生徒さんにレストランでご馳走することにしています。 楽しい思い出になれば、というつもりです。

 午後、日本人の生徒さんとサーキットを飛んでいたら、かなりの数の軽飛行機がILSアプローチ(計器飛行のアプローチ)をしてきて、そのおかげで出発待ちの列がかなり長くできているのが見えました。 先頭のWestJet B737のパイロットは切れ気味(笑)。 この737、離陸までおそらく20分近く滑走路手前で待機させられていたと思います。 かわいそうなWestJet、ここ数日で出発待ちをすることが多々あり、また、アプローチでもターミナル空域の管制官がかなり空港近くまで高度を維持させているようで、ゴーアラウンドをするのを3日ほど連続で見ています。 高度1500フィートでサーキットを飛ぶ737はなかなか見物です(笑)。

 夕方にはクラブでスタッフミーティングがありました。 外部のビジネスコンサルタントのような人が来て、フライングクラブの運営面についてのいろいろな話がありました。 なかなか為になりました。

 今日の写真はバンクーバーにいったときに乗ったフェリーです。 新しいフェリーで、Coastal Celebrationとなんとも前向きな名前が付けられています。


(つづく)

0 件のコメント: