2009-06-19

人によって差があります。



 今日はなかなか面白い観察ができました。

 フライングクラブにはたくさんのメンバーがいます。 フライトトレーニングを受けている人の数もかなりいます。 その中には途中で訓練を止めてしまう人もいますし、訓練の進度が極端に遅い人もいます。 

 今日は女性の生徒さんと飛びました。 彼女は学校もあって、他にもやることがあるので、夏休みが始まるまでは本格的に訓練が開始できない、と言っていて、最後にフライトしたのはかなり前のことです。 数ヶ月ぶりのフライトとなった今日、どんな飛び方をしてくれるのかとても興味がありました。

 一方、他の生徒にも同じようにここ数ヶ月フライトしていなかった生徒さんがいます。 この生徒さんの場合は理由は不明で、なぜか1ヶ月に1回くらい飛びに来て、そしてまたしばらくいなくなるというミステリアスな生徒さんです。 今日は彼とも飛びました。 

 上記の女性の生徒さんのことについて言えば、驚くほど上手に飛べました。 ブリーフィングをしても前回やった内容をしっかり復習してきてくれていたみたいで、スムーズに話がすすみました。 フライトのあとは爽快感さえ感じました。

 もう一人の生徒さんはというと、上記女性の生徒さんと正反対で決して良い内容ではありませんでした。 前回やったことはすっかり忘れているし、今回やることの勉強もさほどしていない。 フライトのほうも満足はできない内容でした。 本人もがっかりしていたようですが、僕のほうはもっとがっかりしました。

 なんでも習い事はそうだと思いますが、やっぱりなにかを達成したいならある程度の時間と労力を注いでもらって一気に集中してやる必要があるんじゃないかと思います。 フライトに関して言えば、1ヶ月に1回や2回のフライトではライセンスを取れるのは数年先になると思います。 さらには毎回、前回のおさらいにかなりの時間をかけることになりますし、感覚も慣れないと思いますからかなりの時間とお金を無駄にすることになります。 

 というのが今日僕が思ったことで、これをはっきり生徒さんに伝えました。 考えを改めてもらえればと思っています。

 今日はフライトが2本にブリーフィングが2本となかなか充実した一日になりました。 今まであまりフライトがない日が1週間ほど続きましたが、今度はいきなり忙しい日々が向こう数ヶ月続きそうです。 ありがたいお話です。 

 明日は休みを取っています。 バウンダリーベイ空港でエアショーがあるということなので、彼女とフェリーに乗って行ってこようと思います。 本当は飛行機でfly-inしようと思ったのですが、ビジターのアライバル時間とショーの始まりの間の時間があまりにも長そうで退屈しそうだと思ったので止めておきました。

 今日の写真はSaltspring Airのビーバー。 フロート機も飛ばしてみたいけど、ratingをとっても仕事にはつながりそうもないし・・・。


(つづく)

1 件のコメント:

jin さんのコメント...

習い事は一気にやらないと無駄が多くなりますね。
いつでも飛べる環境だと一気にライセンスを取らなくてもいいからゆっくりになるんですかね。

水上飛行機は面白そうですね。
確かに仕事となると狭いマーケットですよね。