2009-09-22

Wake turbulence。

 今日のフライト4本のうち、2本で同じような状況に遭遇しました。 ビクトリア空港を出発し、西に向かっていたら、バンクーバー空港から飛んで来たエアカナダJAZZのDash-8が近づいてきました。 管制塔からの連絡で、我々の航路の上を通り過ぎるからwake turbulenceに注意してくださいということでした。 Wakeというのは船が前に進むときに後ろに残る波のことです。 飛行機が通りすぎると同じような現象が、気流に発生します。 このタービュランス(乱気流)、気をつけないと最悪の場合は墜落してしまうのです。 数ヶ月前にバンクーバーでナバホが墜落したのはこの乱気流の影響だったと言われています。 

 ナバホと言えば、航空無線でよく飛行機の名前が出てきます。 「1時方向のナバホに続け」とか、「3時方向にdash-8がいる」とか、「3マイルファイナルのサイテーションの後に着陸しろ」とかです。 飛行機マニアである必要はないと思いますが、パイロットを目指すひとであれば興味がある範囲でかまわないので飛行機の名前を勉強してもいいような気がします。

 明日から二日休みです。 あさっては用事があるのでバンクーバーにいってきます。


(つづく)

0 件のコメント: