2010-02-02

とんぼ返り。



 今日は朝10時からフライトがある予定でした。 パイロットはCASARAという、カナダの遭難救助のアシスタントをするアマチュアグループのパイロットです。 なんでも、カウチンバレーのどこかに遭難した飛行機に見立てた黄色い箱が置いてあるらしく、それをGPS信号やELT(Emergency Locator Transmitter)信号を基にして探し出すという訓練をしたかったんだそうです。 残念ながら、このオペレーションを実行するのに十分な天気ではなかったので、他の日に延期となりました。
 
 フライトがキャンセルになったので、そのまますぐに家に戻ってきました。 こういうとんぼ返りをここ最近なんどかやっています。 なにやってんだろ〜って思うこともありますが、よく考えれば今はフライトトレーニングにはあまり適さないオフシーズンだし、去年はもっと仕事の数が少なかったような気がするので、よしとしましょう(と、自分に言い聞かせています)。

 時間があったので家でネット経由で日本のNHKドキュメンタリーを観ました。 羽田空港の航空管制官の方のエピソードでした。 「自分が無線でパイロットに『ツー』といって、パイロットから『カー』と返ってきたときがうれしい」とおっしゃっていました。 なんだかよく分かる気がします。 管制官の方とコミュニケーションがうまく無線でできるとそれだけでなんだか気分がよくなるものです。 

 明日は久しぶりに歯医者に行きます。 親知らずがなくなったので、延期になっていた治療開始です・・・。

 今日の写真はメインランドからビクトリアに夕暮れどきに戻ってきたときの写真です。 なんとも言えない夕暮れで、空が青紫色に染まっていました。


(つづく)

0 件のコメント: