2010-04-11

時間厳守。 

 パイロットになろうという人にとって、もっとも大事な心がけの一つが「時間を守る」ということです。 たとえ自家用操縦士であっても、飛行機のレンタルなどには時間厳守がつきものですから、常日頃から時間には気を配る必要があると思います。

 今日は生徒さんの一人がフライトテストを受験したのですが、この生徒さんが時間を守らない人でとても困りました。 今日の試験は午後1時からだったので、午前11時にクラブで最終打ち合わせをするから、それまでにすべて準備を整えてきてね、とお願いしておいたのに、11時半になってようやく現れ、しかも準備は皆無でした。 なんとかぎりぎりテストには間に合いましたが、この生徒さんは前科があり、そのときも2時間遅れで登場という有様でした。 僕は時間にルーズな人にはめちゃくちゃイライラしちゃう質です(苦笑)。 まあ、無事に一発合格だったので怒りも収まりましたとさ(笑)。

 そしてもう一人。 午後1時にキャンベルリバー空港へのクロスカントリーフライトに出かけるからサインアウトしなければいけなかった他の教官の生徒さん。 午後1時に出発予定が、実際に出発したのは3時。 仕度に時間をかけるのはいいですが、正直のろまです。 のろまなのは既にわかっていると思いますから、時間を逆算して行動すればいいのに・・・。 なんでそんな簡単なことができないの?と思いっきり問い詰めたくなるくらいフラストレーションがたまりました。 子供なら分かりますが、カナダ軍で働いている大人ですから、呆れて物が言えません。

 ということで、パイロットを目指す皆さんはぜひ時間を守ってくださいね。 当たり前のことですが。 日本人には特に難しいことではないと思います。


(つづく)

0 件のコメント: