2010-05-07

顔と声。



 今日の写真は先日クロスカントリーフライトで訪れた空港のランプで見かけたセスナ・サイテーションマスタングです。 セスナ社が作ったシングルパイロットのジェット機です。 通常この手のジェット機を飛ばすにはフライトクルーが2名必要ですが、このマスタングはパイロット1名で操縦できるそうです。 サイズはかなり小さいですが立派なジェット機です。 こんな飛行機で商談先にひとっ飛びなんていうビジネスマンもアメリカにはいるんでしょうね。

 今日は久しぶりに良いお天気に恵まれました。 今日は遊覧飛行で1時間ほどソルトスプリング島の周りを飛びました。 お客さんは船を操縦する老夫婦で、いつもは海から見る景色を空から見てみたいということで遊覧飛行を行いました。 希望のルートは少しややこしかったですが、希望通りのルートをとべて僕も満足でした。 このフライト以外に今日は3フライト飛び、そこそこ忙しい一日になりました。

 今日のフライトの合間に、ビクトリア空港の管制官の方と話をする機会がありました。 今日、この人に合うのははじめてだったのですが、声は聞き覚えがあります。 顔を見るのははじめてです。 顔を見ながら話をするとなぜか声が認識できません。 でも、わざと他所を見ながら声を聞くと確かに聞き覚えがあります。 不思議ですね。

 

(つづく)

0 件のコメント: