2010-07-14

教官をしていると。

 仕事柄、いろんなパイロットと飛ぶ機会があります。 昨日、とある女性パイロットのチェックライドをしました。 この女性、年齢は僕よりも若いですが、既にATPLを保持していて、タイプレーティングを見てみると、ボーイング777にエンブラエル190、他にもいろいろ持っていました。 エアカナダのパイロットの方だそうです。 こんな人と飛ぶと、僕はいったい何やっているんだろうと思ってしまいます(苦笑)。 腕前はさすがで、スティープターンのときなど、高度計が壊れているんでないの?と思うほど針が微動だにしませんでした(笑)。 着陸のときはさすがジェットに慣れているだけあってかなりの高回転で入ってきました。 習慣って恐ろしいですね。
 
 今日は朝8時からエアカデットのグランドスクールを教えました。 今年のカデット、態度がかなり悪いです(怒)。 そもそも、カデットの訓練生はカデットのほうで座学をかなりやっているので、フライングクラブでやる座学の内容はほとんど知っているないようのようで、ぜんぜんやる気が感じられません。 相手がこんなんだから、こっちも全然やる気がでない始末でなかなか大変でした。 なんか、プログラムに無駄があるというか、無理があるような気がしてなりません。 

 明日、久しぶりに多発を飛んで、どうやら今週末にフライトテストとなりそうです。


(つづく)

0 件のコメント: