2010-10-24

機械が正しい。



 今日はビクトリアの秋・冬らしい、予想が難しい天気の一日でした。 昨晩から風が強く、暴風警報が発令されていました。 どうやら大型の低気圧が太平洋上にあり、そこからの影響のようです。 今朝起きたら、僕の車には木の葉がたくさんくっついていました(涙)。 今までは屋根付き駐車場で可愛がられていた車なのに・・・。 かわいそうで、かわいそうで。 仕方なく、手で葉っぱをすべて取り除きました(苦笑)。

 それはさておき、今日の朝一のフライトは予定よりも30分ほど遅れて出発しました。 理由は、昨晩の暴風雨のおかげでビクトリアの一部で停電が発生したようで、生徒さんの目覚まし時計が予定の時刻に作動しなかったようです(笑)。 こういうこともこれから多くあると思います。 なにせ山・森林の多いカナダ。 そういうところを切り倒して電線を通しているので、暴風雨のときには木々が倒れ、そういう電線を切ってしまうことが多いようです。 日本ではあんまり考えられない原因ですね。

 今朝の天気はパッと見ではかなり最悪でした。 でも、天気観測を見るとさほど悪くない。 結局機械を信じて飛びに行ったら意外と大丈夫でした。 でも、離陸の直前にいきなりかなりの雨が降ってきて、雲もかなり低いところまで降りてきていたので、離陸を取りやめようかと考えたほどでした。 ところが、2,3分であっという間に雲はどこかに消えてしまいました。 なかなか神秘的です。 今日のような日は機械をある程度信じて飛びに行くしかありません。 でも、最悪の場合の対策はもちろん手を抜きません。 

 今日はフライトの途中でまた円形の虹が見えたのでちょっと特した気持ちになりました。

 今日の写真は空港そばに立っている標識です。 「飛行計画書はちゃんと閉じましたか?」という、パイロットに向けたメッセージです。 カナダでは25マイル以上飛ぶ場合には飛行計画書(flight plan)、またはflight itineraryというものを提出します。 これらは一旦提出した場合にはフライト終了後にarrival report(到着の報告)というものを電話や無線経由で提出し、flight plan/itineraryをクローズする必要があります。 これをやらないと救難隊のお世話になりかねません。


(つづく)

1 件のコメント:

ryukichi さんのコメント...

先日の日記のコメントへの返信有難う御座いました。
PSTARは5年でしたね、2年のRequirementがあったのは覚えてたのですが…言われればそうだったなって思いますね…すっかり中身が抜けてしまっていて情けない限りです。

Annual Checkは覚えてます、前回もお願いしましたしね(ちなみに最後のフライトは2008年のGWです)


これからは飛ぶのにはちょっと不向きな季節かもしれませんが、頑張ってください!!