2010-11-03

理想的な訓練。



 訓練の進め方で僕が強くお勧めするのは、長いブランクが空かないようになるべく次から次へと訓練を進めていくことです。 飛行技術のように身体で覚えていく要素が強いものであればどんな習い事でも同じことが言えると思います。 ブランクがあればあるほど次回の訓練時に忘れていることが多くなります。 飛行訓練のように訓練費用が安価ではない習い事であれば尚更だと思います。

 ま〜、なんでこんなことを書くかといいますと、僕自身の訓練がブランクが空きまくりだからです(笑)。 計器飛行訓練を始めたのはいつだったでしょうか・・・。 正直覚えていません。 恐らく半年近く前だったように思います。 多発限定解除の資格を取ったのがもう2ヶ月ほど前になるでしょうか。 それから計器飛行を始めましたが、長い時には1ヶ月に1回しか飛んでいませんでした。 これでは理想的な、効率よい訓練は見込めません(苦笑)。 今日は久しぶりのフライトでしたが、内容は満足できるものではありませんでした。 前は出来ていたことができなくなっていたりして、ちょっと意気消沈気味です。 今回はまた違う教官と飛ぶことになって、教え方の違いなどもあったりして戸惑いますが、それでも経験豊富な軍上がりの教官なので楽しく飛ぶことができました。 明日の朝、また彼と飛びます。 多発限定解除のときにはたった5回のフライトでテストに送り出されてかなり自信がなく、なんとか合格だったような感じになりました(お恥ずかしながら)。 今回はたとえテストの日程がずれ込もうとも、自分が納得して自信がある程度ついたところで試験を受けたいと思っています。

 今日の写真はサイクリングの途中の1枚です。 もう秋真っ盛りです。 道路の木々の葉っぱもほとんど落ちたようで、市の清掃車が落ち葉を回収する姿を頻繁に見るようになりました。


(つづく)

0 件のコメント: