2016-11-09

ロンドン(その1)。

 先月末から今月上旬にかけてまとまった休みが取れたので、イギリスの首都ロンドンに行ってきました。 ロンドンには10年ほど前に一度、友人を訪ねて一泊二日で訪れたことがあります(笑)。 その時はフランスで行われていたツール・ド・フランスの最終ステージを観にパリにいっていて、その前に電車でロンドンまで行きました。 時差ボケが酷く、友達にロンドン市内を案内してもらったのに正直ほとんどなにも覚えていません。 覚えているのは観光後に友人宅にたどり着いたらソファーで爆睡してしまったことくらいです(笑)。

 カルガリーからロンドンへはエアカナダの直行便があるので、それに搭乗しました。 機材はボーイング787ドリームライナー。 しかも満席からは程遠く、隣は誰もいなかったのでゆっくりできました。 

 基本的に飛行機ではあまり寝れない僕が長時間のフライトに搭乗する時、機内での過ごし方はだいたいいつもこんな感じです:

(1)なにかしらの本・雑誌(iPadで読める電子書籍)を用意する
(2)ドリンクサービスではお酒を頼む(笑)
(3) 通路席を選び、1〜2時間に一度はしたくなくてもトイレに行く
(4)アイマスクを用意する
(5)邦画、または洋画の有名なやつを観る

(1)でだいたい1,2時間は潰せます。 (2)ではワインやビール、ジントニックなどを嗜む程度頼みます。 (3)をすることによってエコノミー症候群にかかることを防ぎ、また、気分転換にもなります。 トイレ周辺では少しだけストレッチなどをします。 (4)これがあると人が周りにいる機内でも少し落ち着けます。 耳栓も持っていますが、あまり使うことはありません。(5)良い月にあたると、まだ観たことのない邦画が2,3本もあることがあり、これで4時間ほど潰せます。

 今回は(2)のドリンクサービスでジントニックを注文しましたが、気前の良いキャビンアテンダントさんで、ジンの小瓶を2本も鷲掴みで渡してくれました。 おかげで楽しいフライトになりました(笑)。

 さて、ロンドン。 とりあえず写真を数枚どうぞ。

 (上:ピカデリーサーカス周辺)

 (上:同じくピカデリーサーカス周辺の中心部)

 (上:グリニッジ天文台にある本初子午線)

 (上:ロンドンブリッジ 訂正:タワーブリッジ)

(上:聖ポール大聖堂)

今回の旅から、滞在中に気がついたことを携帯にメモすることをはじめました。 そうすることによって旅行が終わってからどういうことを感じたかを振り返れるので面白いかなと思ってのことです。 今回のロンドンで感じたことは次の通り。 順不同で、あくまでも私感ですので、苦情は受け付けません(笑)
1. ロンドン市民は内向的な人が多い
2. 外国人が多い
3. 同性愛者が多い
4. 男性はキルトのジャケットが好き
5. アジア人は思ったほどいない
6. 物価が高い!
7. コーヒーは安い(フィルターコーヒーのみ)
8. 食べ物は美味しい
9. 人々は昼食を遅くに食べる
10. スーパーでお酒が買える
11. 男性は野球帽はかぶらない
12. 男性は髪型をだいぶ気にする
13. 北米風のダボダボファッションは見かけない
14. 地下鉄・バスは便利
15. どこにいっても混雑している
16. 徒歩でいろんなところにいける
17. SIMカードは安い
18. 地下では携帯は通じない
19. カスタマーサービスの質にばらつきがある
20. 彼らの英語は分かりにくい(僕にとっては)
21. 厚着する傾向にある
22. 肥満体質の人はあまり見かけない
23. 歩道であちこち歩くので、とても歩きにくい
24. 通りを横断するのはしょっちゅう
25. 歩行者は信号が変わるのを待たない
26. 公園は犬だらけ
27. 小さい犬が人気
28. 犬はお行儀がいい
29. たまに歩道に犬の糞が落ちていることもある
30. 車は歩行者のために止まってくれない
31. 古い昔ながらのお店が今だにたくさん存在する
32. そういうお店は入りにくい
33. レンタサイクルが人気
34. 膝穴あきジーンズ(女性)が流行
35. 結構どこでもトイレが見つかる
36. ラッシュ時の地下鉄は日本のそれと似ている
37. 混雑しているのに乗客は電車の奥まで入ろうとしない
38. レストランではチップは不要
39. でも、中には最初からサービス代金を請求してくる店もある
40. 言葉遣いは北米人よりも良い

ロンドンでの詳しいことはまた次回。


(つづく)

2 件のコメント:

ゆみ さんのコメント...

初めまして(^^)
2年ほど前に某航空会社のキャプテンと知り合ったことがきっかけで、パイロットとはどんなお仕事なのか知りたくなり、ネットで検索してyouhavecontrolさんのブログにたどり着き、ほぼ全部読破しました!

ロンドンに行かれたのですね。
イギリスは私の心の故郷なので、「ロンドンで感じたことリスト」を興味深く拝読しました。歩行者のために止まってくれない、というのは意外でした。日本は運転手が強気で、自分たちが優先とばかりに突っ込んできますが(東京だから?)、イギリスではどの都市でも、信号のない横断歩道で渡るかどうか躊躇していると、手で渡るように合図をしてくれるドライバーのほうが多かったように思います。

写真はいつも構図が素晴らしいなぁと思って拝見しています。ですが、ロンドンブリッジはタワーブリッジではないかと…。
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Tower_Bridge
間違っていたらごめんなさい。

これからも更新を楽しみにしています!

Youhavecontrol@gmail.com さんのコメント...

ゆみさん

コメントありがとうございます。 はじめまして。 こんなつまらないブログをほぼ全部読破とは・・・。 恐れ入ります!

タワーブリッジですね。 間違ってました。 早速訂正します。 ご指摘ありがとうございました!