2007-06-14

ビクトリア242日目:CYCWとCYPWへ。



 今日も山岳地帯はあいにくの天気で、朝7時過ぎの段階の予報によれば道中の峡谷で十分な高度を得ることができそうになかったため、今日も300NMクロカンは実現しませんでした。 ほんと、この天気にはうんざりです(涙)。 
 今日はNo-goという決定をしてからまたベッドに戻ってだらだらと寝ていたら、サイモンから電話があって、「ランチを食べにチリワックでも行かない?」と誘われました。 「もちろん行く」と伝えて電話を切り、11時過ぎにフライトに出かけました。 
 今日はサイモンの他に昨日一緒に飛んだニックもついてきました。 行きはサイモン、帰りは僕が操縦してチリワックービクトリアの短いクロスカントリーフライトとなりました。 アボツフォード周辺は相変わらず雲が散らばっているような状態で、今日も雲の合間を縫って飛ぶことになりました。 今日の写真はチリワックへの途中でサイモンが操縦していたときの様子です。 帰りのほうが雲が多くて、途中で雲の間にできている穴に向かって飛び込んでいったりしてなかなか楽しいフライトでした。 チリワックのレストランは今日も大盛況で、僕たちは外のパティオで食事を食べました。 僕はJack Burgerというハンバーガーを食べました。 一緒についてきたフライドポテトもさくさくしていておいしかったです。 
 ビクトリアに帰ってきた段階でまだ午後2時くらいで、まだまだ飛べそうな感じだったので、今度はニックと二人でパウウェルリバーに行くことにしました。 行きはニックの操縦で、帰りは僕が操縦しました。 パウウェルリバーでは空港の外に出て、パウウェルリバー市のダウンタウンまでの2kmほどの道のりをニックとしょ〜もない話をしながら歩きました。 彼はいろんな友達がいるようで、いろんな面白い話をしてきます。 24歳でレストランを経営している女性の友達が最近PPLを取ってすぐに水上飛行機のレーティングを取得してその勢いでフロート機を買っちゃった話(しかもその女性はとびきりの美人だそうです・・・笑)とか、金持ちの友達と一緒にボートに乗ってカニを採りにいった話とか。 面白いやつです。 フライトの途中で、「サーフィンする?」というので、「したことない」というと、「俺、サーフボード2枚あるから、今度行こうぜ」と誘われました。 サーフィン。 まさかカナダですることになるとは(笑)。 楽しみです。 
 
 明日も朝の天気予報を見てどうするか決めることになります。 頼むから行かせてくれ!という祈りに近いものがあります。 でも今日よりも明日のほうが天気は崩れるようなので、恐らく明日も無理なんじゃないかと思います(涙)。

 では今日はこの辺で。


(つづく)

0 件のコメント: