2007-07-12

ビクトリア270日目:ボイスレコーダー。



 今日は昨日の暑さが嘘のように比較的涼しい一日になりました。 雲が出ていて風が吹いていたからだと思います。 今朝はネットでボイスレコーダーについていろいろ調べました。 マックユーザーにやさしいボイスレコーダーはなかなかないので困ってしまいました(汗)。 ある程度どんな機種があるのかを調べてからビクトリアに向かいました。
 まずはロイヤルオークにあるカナディアンタイヤ(ホームセンター)に行って扇風機を品定め。 ところが、「扇風機は売り切れました」という紙が棚に貼り出されていました。 どうやら昨日の暑さで扇風機はすべて売れてしまったようです! カナディアンタイヤに安くて良いやつがあったら買おうと思っていたのですが。 僕は昨日扇風機を買いましたが、サイズが小さくて風力が弱いことと、角度を変える事ができなかったので返品することにしました。 カナディアンタイヤではその代替品を探していたわけです。 仕方ないので、そのままビクトリアに向かい、昨日のお店(London Drug)に行って扇風機を返品しました。 使用後でも返品に応じてくれるのでこちらの買い物は楽です。 そして、ひとサイズ大きめの扇風機を購入しました。 値段は2ドルしか違わないのにかなりパワフルです。 今回買ったものと同じものを日本でも使っていたので性能は信頼できます。 今日はそのお店でボイスレコーダーも購入しました。 結構高かったです(80ドルほど)。 でも必要な投資ということで思い切って購入しました。 
 今朝、このブログを見てくださっていて、本土のアボツフォードで教官証明の訓練を受けているKさんという方から初めてメールをもらいました。 そのメールでKさんが実際にされている無線の録音方法を教えてくださいました(Kさん、改めましてありがとうございます!)。 その方法は以前にグラムが言っていた方法と同じで、ヘッドセットのイヤーカップの中にマイクを忍ばせて録音するという、どちらかというと原始的というか、アナログなやり方です。 僕はずっとボイスレコーダーをインターカムにつなげるという“しっかりした”やり方を模索していたのですが、Kさんの話ではそんなことをしなくてもマイクをヘッドセットの中に入れるやり方で十分鮮明な音が録音できるということでした。 ということで、それを参考にさせてもらって僕も同じようにやってみることにしました。
 夕方頃にクラブに行き、停まっている飛行機の中でさっそく試してみたところ、綺麗に録音できました。 でも、エンジンが回っていない状態なので、実際のフライトではどうなるのかは未知数です。 ちょうどそこにインド人のバルテージがサーキットをやるということで現れたので、彼のフライトに便乗させてもらうことにしました。 早速リアルな環境での録音を試してみた結果、想像以上に綺麗に音が取れました。 今日はマイクの変わりにイヤホンを使って録音しましたが、小さめのマイクがあればなおさら良い音で録音できるような気がします。 ということで、これからはグランドブリーフィング(自分の発表&グラムのデモ)も、フライトレッスン中の会話も録音できるようになり、かなり嬉しく思っています。 さらには航空無線を録音する術を取り戻すことができた事になるので、これからはまた無線ブログのほうも時間を見つけて更新していきたいと思っています(ずっと更新できてなくてごめんなさい)。 あとはIRのほうのプロジェクトの教材作成にも取りかかりたいです。 あ〜、時間がいくらあっても足りません(笑)。
 
 今日の写真は昨日の夕暮れです。 僕の部屋からの眺めです。 夕暮れは毎日違う色を見せてくれますが、昨日の夕日は何とも言えない綺麗な色でした。

 今日はビクトリアに行ったりクラブに行ったりでなかなか勉強をする時間がなかったので、明日はじっくり勉強をするつもりです。 

 ではまた明日。


(つづく)

0 件のコメント: