2007-09-15

ビクトリア335日目:CPL学生とのフライト。



 今日は朝からバイトでした。 ここ数日は午前中に濃霧が発生することが多く、今日もそういう感じでした。 霧から霧雨に変わり、雲は1000ft(300m)以下を漂っているような状態でした。 天気予報では昼前には霧がはれるということでしたが、予報が更新される度に霧がはれる時間が後に後にと引き延ばされていきました。 結局、昼過ぎには青空が見えるようにはなりましたが、霧のような霞が付近に漂っていました。
 バイトの後は家に帰って来てレッスンプランを作りました。 チーフインストラクターのグラムは今週最後の訓練の日に、「これから筆記試験まではレッスンプランとかは気にしないで、筆記試験の勉強に集中しろ!」と言っていたにも関わらず、来週の月曜の訓練には計器飛行に関するブリーフィングをする用意をしてこい(=レッスンプランを作ってこい)と言いました。 ときどき彼の言っていることは矛盾があります(笑)。
 午後5時からはインド人のアシェテとフライトに行ってきました。 彼とは初めて飛んだのでどうなるのか最初はちょっと不安もありましたが、そこそこしっかりと飛んでいました。 前回のバルテージと同じようなところで小さなミスをしていました。 そこを指摘するとある程度改善がすぐに見られたので問題ないと思いました。 今日彼と飛んでいて思いましたが、CPLレベルの学生を教えるのはPPLを取り始める学生を教えるよりも断然楽だと思います。 なぜなら既に基礎があるので、あとはそれに上乗せしていって、間違いがなくなるまで繰り返し教えればいいからです。 基礎がない状態からパイロットに育て上げていくというのは大変なことなんだな〜と改めて思いました。 でもその分やりがいがあるだろうし、ソロに送り出すときの気持ちは感慨深いものがあると思います。
 夜はまたレッスンプランを作成し、ようやく先ほど終わりました。 明日こそは一日勉強をします。 夕方にはカナディアンタイヤ(ホームセンター)に行って車のタイヤを換えようかと思っています。 もともとツルツルのタイヤの状態で車を買ったので、これからの雨のシーズンに向けて用意をしておこうかと思うからです。 そういえば、もしかしたら僕の車を売却してマニュアルトランスミッションの中古車を買うかもしれません。 大家のブライアンの職場の人が売りに出しているアキュラ(北米版ホンダ)のインテグラ(1987年製)がなかなかよいコンディションで、しかも僕のゴルフを売ったお金で購入できそうなので。 お金がかかるようならもちろん諦めますけど。 ヘッドライトは格納できるタイプです。 ペイントはゴールドで古びた感じですが、内装なんかは綺麗だったと思います。 

 今日の写真はこの前眼科に行った日の朝のPat Bay Highwayの様子です。 この日も霧が出ていました。 そういえば、今日になって目元の腫れが突然なくなりました(嬉)。 ここ数ヶ月腫れていたのに突然腫れが引くとは。 もしかしたら本当にこのまま治るのかも知れません。 でもまだ涙は溢れ出ています。 アイボンでも使えば治るのかな〜なんて思ったり。

 ではまた明日。


(つづく)

0 件のコメント: