2007-10-08

ビクトリア358日目:3回。



 今日は朝早く起きて、少しだけ勉強をしました。 そして10時からフライトに出かけました。 今朝のビクトリア周辺は低い雲が流れ込んで来ていて、一時雲低は1500ftほどまで下がりました。 トレーニングエリアに向かう途中はいつもだと2500ftまで上がりますが、今日は雲を避けるために2000ftまで下がり、さらに1500ftまで下がって雲を避けるように飛びました。 訓練では、ようやくマスターし始めて来たスティープターンを重点的に練習し、あとは各マニューバーをやりながら口頭で説明を同時にする練習もやりました。 そこそこ言葉に口が慣れて来たように思います。 結局1時間ほどのフライトを終えて空港に戻りました。 それからR君と昼飯を食べ、1時からはそのR君のフライトに同乗させてもらいました。 途中でスティープターンをやらせてもらいましたが、まだ完璧には1回ではできませんでした。 隣に飛行のことを知っている人が乗っているとどこかでそれがプレッシャーになっているのかも知れません(笑)。 そのフライトを終えてから、また飛びに行きました。 今度は日本から来ているFさんを初めて乗せて飛んできました。 ここでのスティープターンはさほど悪くなかったように思います。 ようやくノーズのどこを見て飛べば良いかを体が覚えて来ているので、あとは数をこなして、どれだけ正確に、緊張せずに操縦できるかというところにかかっていると思います。 ということで、今日は3回のフライトをやりました。 正直、3回も飛ぶとくたくたになります。 空の上、ましてや飛行機の中は空気が乾燥しているので、とても喉が渇きます。 そのせいもあってか、体がぐったりとしてしまうのが辛いところです。
 フライトを終えてからはまだ勉強が足りなかったので、一人でセスナ152に乗り込んでハンガーフライトをやりました。 ハンガーフライトをやると動作の流れが身に付くのでお勧めです。 時々ではありますが、ハンガーフライトをやっている人を見かけます。 自分が教官なら生徒にはどんどんハンガーフライトをやらせるだろうと思います。 自分がやって役に立つことは生徒にもお勧めしたいと思います。
 
 明日は朝8時からチーフインストラクターとの訓練です。 午前中はすべて訓練のためにブッキングされています。 あと4時間のフライト時間が残っているので、それをすべて消化してしまう予定のようです。 レビューもまた始まりますので、集中して取り組みたいと思います。 そしてその後は午後からバイトという強行スケジュールです。 大事な時期なので、体を壊さない程度に頑張ります。

 今日の写真はIsland Viewという通りの小高い丘から見た農園の風景です。 今月末のハロウィンが迫って来ているため、農家はオレンジ色のカボチャの収穫に忙しいようです。 写真の真ん中左側にそのカボチャの畑が見えます。

 ではまた明日。


(つづく)

2 件のコメント:

梶 さんのコメント...

ハンガーフライト、自分もシタブリアのときによくやりましたが、周囲の目線が痛いですよね・・・

じろじろ見られても、堂々とハンガーフライトできるくらいの度胸を身につけたいものです。

YouHaveControl.net さんのコメント...

梶君

確かに視線は気になります。 僕がバイトしてるときにハンガーでハンガーフライトやっている人がいるとついつい見ちゃうし・・・。 でも、良いことをやっているんだから、恥ずかしがる必要はなし。 でも、やっぱり視線は気になるんだよね〜(笑)