2007-08-07

ビクトリア296日目:再びテストフライト。



 今日は久しぶりの曇り空になりました。 雲は3000ft辺りでbroken (空の5/8~7/8を雲が覆っている状態)でした。 
 今朝はIRの筆記試験のサンプルテストを解きました。 一度集中力が高まると時間が経つのを忘れてしまいます。 今日もテストを解くのに2時間近くかけましたが、あっという間に時間が経ってしまった感じがしました。
 サンプルテストを解き終えて、間違った問題をFrom The Ground UpやFlight Training Manual, Advanced Pilot's Training Handbook等で確認していると電話がなりました。 電話に出るとクラブのチーフインストラクターのグラムからでした。 「今日はバイトに来るかい?」と聞かれ、「いいえ、今日はバイトは入っていません」というと、「いやね、またテストフライトに行って来てほしいんだけど」っと、またもやミッションの指令が入りました(笑)。 今日は機体登録記号(=Aircraft Ident.)「UZR」のC-152のテストフライトに行く事になりました。 グラム曰く、UZRを昨日飛ばした人が離陸直前や飛行中に時々機体を叩くような異音がしたということを報告してきたそうです。 それがJourney Logbookにログされたので、それをクラブのメカニックが確認したのですが、特に異常は見つからなかったそうです(グラムの予想では、シートベルトの端がドアの外にはみ出していて、それが機体を叩いていたんではないかということでした)。 地上で異常はなくともテストフライトをしてフライト中にも問題がないことを確認しないといけないということで、暇そうにしていた僕にお声がかかりました(笑)。 今日はメカニックのゲーリーを横に乗せてフライトに出かけました。 天気はあいにくシーリングが2500ft以下にまで下がって来ていたので、2000ftをリクエストしてローカルサウス(ビクトリア市上空)方面に向かいました。 途中でターンをし、速度を上げたり落としたりしていろんな状態でフライトしましたが特に異音は聞こえてきませんでした。 空港に戻り、タッチアンドゴーを1度だけやって着陸となりました。 フライトテストの結果は今日もsatisfactory(問題なし)。 ジャーニーログブックに「Test flight satisfactory」と書いて、サインをしてライセンスナンバーを書き込んで任務完了となりました。 今日は0.6時間のフライトを楽しませてもらいました。 もちろんフライト代はクラブ持ちです(嬉)。 今日は風が久しぶりに強くて、着陸の時でgustが22ノットほど出ていたようです。 そこそこのクロスウィンドでしたが、乗客を乗せているプレッシャーに負ける事なく綺麗に着陸できたのでよかったです。 いつもはあまり話す機会がないメカニックのゲーリーとも少しだけおしゃべりをできてよかったと思います。 
 フライトから戻って昼ご飯を食べ、勉強を少しして、30分だけ仮眠を取ってから友達にあいにいきました。 友達のMさんは明後日日本に帰るということで、その前にシドニーに来たいということでした。 シドニー周辺を少しドライブして、カフェでおしゃべりをした後で、一緒にウォルマートとフェアウェイ(スーパー)に行ってきました。 ビクトリアのフェアウェイにはアジア食材がとてもたくさん取り揃えられていてちょっと驚きました。 インスタントカップ麺の種類には圧倒されました。 今日は焼きそば用の麺や即席麺、中華スープの素なんかを買い込みました。 これでまた料理の幅が広がりそうです。 ビクトリアにはシドニーにはないものが結構あるということを改めて思いました。 いずれはビクトリアに引っ越すのも悪くないかな〜なんて思い始めています(でも空港から遠くなるのはどうかな?とも思っています)。

 明日も訓練はないので引き続き勉強をする予定です。 明日は天気が回復するようなのでうれしいです。

 今日の写真はこの前空港に飛来したカナダ軍のジェット機です。 なんでも空母艦載機だそうです。 そのため、空母に着艦するのを模したタッチアンドゴーを2回やってからフルストップしていました。 アフターバーナーを使って離陸するのでものすごい音がしますが、高度を上げるとアフターバーナーを切るのでいきなり静かになります。 

 ではまた明日。


(つづく)

0 件のコメント: