2009-04-30

パティオ。

 今日は新しい車に乗ってLangfordという市まで行ってきました。 そこには大きめのショッピングセンターがあります。 Canadian Super Storeというスーパーがあるんですが、なかなか値段も安めでいいものがそろっています。 今日はそこでパティオセットを見ようと思っていってきました。 今住んでいる家には自由に使える庭スペースがあります。 最近天気が良いので、そこでいずれはバーベキューをやったりしたいな〜なんて思っています。 カナダに来て2年とちょっと。 やっとカナダ的な楽しみに挑戦する勇気が出てきました(笑)。 今日は結局Canadian Tire(ホームセンター)で折りたたみ式の椅子を購入しました。

 「新しい車」とはいえ、1995年式ですから、既に14年近く前の車です。 今回のアップグレードで変わったことは、(1)四駆になった、(2)オートマに戻った、(3)窓、ドアロック,その他もろもろがすべて電子式になった、(4)エアコンがついた、といったかんじです。 最後のエアコンの効きが良くなかったり、窓の枠のプラスチックが緩かったりとなんやかんやで年代を感じさせるところがあります。 少しずつ直せるところは直していこうかと思いますが、カナダも日本同様車関係にはお金がかかります・・・。 困ったもんです。 

 明日はフライトが2本だけ。 夕方に事業用パイロットのためのグランドスクールを教えます。 


(つづく)

2009-04-29

買いました。



 ここ数日ばたばたしていて更新が不定期になってしまいました。 すみません。 

 昨日、バンクーバーに行ってきました。 理由は写真のとおりです。 車を買い替えました。 1995年式スバルレガシー。 古いですが良い車で、安く買えました。 ビクトリアは島なので、車の絶対数が限られていますし、ビクトリアの人々はものを大事にする(=けち?)なので車はぼろぼろになるまで乗り続ける人が多いようです。 そのせいもあってかビクトリアで売りに出される車はコンディションがよくなかったり、コンディションや年式、走行距離のわりには値段が高いことが多々あります。 そのため、車の絶対数が多いバンクーバーにいって車を買ってきました。 凹みがあったり、傷があったりしますが、今までの車から見ればかなりのステップアップです。 なんせ四駆だし、スタッドレスタイヤが付いてきたのでこれで冬も安心です。 今まで乗っていた1987年式フォルクスワーゲンジェッタは売りに出しています。 興味のある方はご連絡ください!

 
(つづく)

2009-04-27

ザ・フィッシング!



 今まで毎日忙しくしていたんですが、ここに来て突然暇になってしまいました。 僕だけかと思ったら、周りの教官でも同じような状態の人が多いみたいです。 なんででしょうね? 皆さん休暇にでも入っているんでしょうか。

 ということで、天気はいいのにフライトがないので、なにか楽しいことをしようと思い、生徒のSさんを誘ってThesis Lakeに釣りに行ってきました。 そして今日の釣果は写真のとおりです。 レインボートラウト(ニジマス)が1匹釣れました。 サイズは25cmくらいでしょうか。 結構太っていて結構引きました。 スピナーのルアーに反応してくれました。 もって帰って食べることもできたと思いますが、袋も氷もないので逃がしました。 

 明日もフライトが朝に1本あるだけで午後は時間があるので、ちょっとした用事でフェリーに乗ってバンクーバーに行ってきます。 今回は日帰りです。 


(つづく)

2009-04-25

ファーストソロ。

 今日、日本人の生徒さんをファーストソロに送り出しました。 カナダに来たのは今回で2回目のSさん。 今日、無事にソロを達成されました。 

 彼がソロに出たときの管制官は以前電話で話をさせてもらったAさん。 奥さんが日本人の方です。 ソロに送り出す前はまずデュアルで飛ぶんですが、そのデュアルフライトが終わったときに生徒さんをソロに出す旨を無線で伝えたら、Aさんは声で僕だと分かってくれました。 おかげでソロに出た生徒さんにも親切に、辛抱強く無線対応をしてくれましたし、なによりも生徒さんのソロが終わって着陸をしたときに「Congratulations on your first solo, オメデト!」と日本語でお祝いの言葉を言ってくださいました。 ビクトリアの管制官が航空無線で日本語の言葉を話すなんて思ってもみませんでしたから、驚きましたし、同時に涙が出そうなくらい感動しました。 いつか管制官のAさんに直接お会いするときにはぜひお礼をいいたいと思っています。 

 やっぱりビクトリアの人々はいい人が多いです!

 
(つづく)

 

2009-04-24

またまたラングリーへ。

 

 今日は別の生徒さんとラングリー空港とチリワック空港に行ってきました。 文句のない青空で楽しいフライトになりました。 ラングリーへのアプローチでは、生徒さんが空港にかなり近いところまで進んでようやく空港を見つけることができたので、かなりの急降下率で空港にアプローチしましたが、結局高く入り過ぎ、オーバーシュート(着陸やり直し)となりました。 良い経験になったと思います。 チリワックでは僕はサンドイッチ、生徒さんはエッグズベネディクトを注文。 僕はいつもメインランドトリップでチリワックに行くときには生徒さんにレストランでご馳走することにしています。 楽しい思い出になれば、というつもりです。

 午後、日本人の生徒さんとサーキットを飛んでいたら、かなりの数の軽飛行機がILSアプローチ(計器飛行のアプローチ)をしてきて、そのおかげで出発待ちの列がかなり長くできているのが見えました。 先頭のWestJet B737のパイロットは切れ気味(笑)。 この737、離陸までおそらく20分近く滑走路手前で待機させられていたと思います。 かわいそうなWestJet、ここ数日で出発待ちをすることが多々あり、また、アプローチでもターミナル空域の管制官がかなり空港近くまで高度を維持させているようで、ゴーアラウンドをするのを3日ほど連続で見ています。 高度1500フィートでサーキットを飛ぶ737はなかなか見物です(笑)。

 夕方にはクラブでスタッフミーティングがありました。 外部のビジネスコンサルタントのような人が来て、フライングクラブの運営面についてのいろいろな話がありました。 なかなか為になりました。

 今日の写真はバンクーバーにいったときに乗ったフェリーです。 新しいフェリーで、Coastal Celebrationとなんとも前向きな名前が付けられています。


(つづく)

2009-04-23

バンクーバーに行ってきました。



 いや〜、行ってきました。 バンクーバー。 久しぶりでしたが、楽しい時間を過ごせました。 いろいろ欲しかったものはあったんですが、結局あんまりたいしたものは買いませんでした。 ロブソン通りにあるコンビニ屋で写真の駄菓子を買いました。 思わず声をあげるほど懐かしいものばかりです。 子供の頃によく町の駄菓子屋にいってこういうのを買ったな〜と懐かしんでしまいます。 ちょっとショックだったのは、蒲焼さん太郎が小さくなっていたこと。 確か値段も10円から20円に値上げしていたはずだし。 まあ物価の高騰が影響しているんでしょうから仕方ないですね。 バンクーバーで久しぶりに日本のラーメンを食べました。 弁慶ラーメンというところに行きました。 なかなかおいしかったです。 和歌山ラーメンには負けますけど・・・。 個人の好みだと思いますが。 まさかカナダのラーメン屋で30分近くも並ぶことになるとは思いませんでした(笑)。 バンクーバーからの帰りにリッチモンドのダイソーに行ってきました。 いやはや、日本と同じような品揃えにはびっくりしました。 値段は殆どのものが2ドル。 160円といったところでしょうか。 輸送費とかを考慮すれば悪くない値段ですね。 

 また明日から仕事です。 明日はPPLの訓練をしている生徒さんを連れてメインランドに行ってきます。 仕事の後はクラブでBBQをやるらしいです。 楽しみです。


(つづく)

2009-04-22

ダンカン空港とメインランドへ。

 昨日はCPL訓練をしている生徒さんとダンカン空港に行ってきました。 とても短い滑走路でおなじみのこの空港。 Short-field take-off & landingの訓練でよく使います。 昨日の生徒さんとはだいぶ前に一度行ったことがありましたが、そのときと比べると断然着陸とアプローチが安定していました。 CPLのフライトテストで実際にダンカン空港に着陸するように試験官から指示されることがあります。

 そのあとのフライトではメインランドに行きました。 ご存知のとおり、ビクトリアは島です。 なので、カナダ本土の空港方面に行くことをメインランドトリップと呼ぶことがあります。 昨日はラングリー空港とバウンダリーベイ空港に行きました。 ラングリーのアプローチは道路すれすれに入ってくるのでとてもスリリングです。 車の運転手の顔がはっきり見えるくらいの高度まで下がってきて着陸になります。 バウンダリーベイ空港に入っていくときに前にセスナが1機、そしてその後ろにもセスナが1機、距離は1マイルもないくらいのところで管制官がこの2機の間に入れと指示してきました。 無理ではなかったでしょうが、生徒さんのターンが甘かったので2機が飛んでいるパス(ファイナル25)を通り越してしまい、結局他の滑走路のダウンウィンドに入るように指示されました。 そこからタッチアンドゴーでビクトリアに戻ってきました。 ラングリーとバウンダリーベイは距離があんまりないし、どちらも管制空域だし、高度もそこそこ敏感な空域なのでしっかりとした準備をしていかないとてんやわんやになります(昨日もそんな感じでした・・・)。

 今日(水曜)から一泊二日でバンクーバーに遊びに行ってきます!


(つづく)

2009-04-20

10,000ドルのPPLと20,000ドルのPPL。



 僕の小学校の担任の先生で武井先生という先生がいました。 この先生は僕たちによく「目から血が出るほど勉強しろ」と言っていました。 目から血って・・・って当時は思いましたが、今になってこの言葉を思い出すことがよくあります。

 最近担当した生徒さんの話。 この生徒さんはとても努力家でした。 なかなかうまくいかないこともありましたが、彼はしっかりと努力をし、困難を克服してライセンス取得にこぎ着けました。 一方でそういった努力を惜しむ生徒さんも中にはいるようです。 それはそれでその方の自由ですし、僕がとやかくいうことではないのかもしれません。 でも、やっぱり頑張ってもらいたいですし、なるべく短時間でライセンスを取得してもらいたいと思うので「愛の鞭」を振るうことが時たまあります(笑)。 

 最近、とあるフライトインストラクターから聞いた話です。 彼はときどき自分の生徒さんにこう話すそうです:「PPLには2種類のPPLがある。 1つは10,000カナダドル(今日の為替レートで約82万円)で取れるPPL。 もう一つは20,000カナダドル(約164万円)かかるPPL。 しっかりと努力をし、教科書を読み、自分の弱点を見極めてそれを克服するために勉強をして訓練にのぞめば10,000ドルのPPLが取れる。 予習もせず、準備もろくにせずにフライトに望んでいるようであればうまくいけば20,000ドルのPPLが取れるかもしれない。 もしくは、最悪の場合はライセンスは取れない」 もちろん、PPLの値段なんていうのは設定されていません。 習得度合いには個人差がありますから、○○円ぽっきりというのはありません。 でも、彼の言葉には説得力がありますし、実際にこの言葉は正しいと思います。

 目から血が出るまで勉強しろ、とまではいいませんが、教科書をみるだけで、または航空無線を聞いただけで気分が悪くなるくらいまで勉強してもらえればきっと10,000ドル以内でライセンスが取れるんじゃないかと思います。
 
 僕の生徒さんは覚悟してかかってください(笑)。 

------------------------------------------------------
 
 今日の写真はセスナ・グランドキャラバンです。 バンクーバーからビクトリアにUPSが荷物を運ぶのに使っている機材のようです。 ベリーポットと呼ばれる荷物スペースが胴体下につけられています。 タービン機でかっこいいです。 いつか飛ばしてみたいものです。


(つづく)

2009-04-19

「日本」な一日。

 今日は朝10時から、3本立て続けに日本人の生徒さん達とフライトをしました。 今、訓練をしている日本人の生徒さん全員と1日で飛んだことになります。 こんな経験は今日が初めてでした。 カナダで飛んでいるけどなんだか日本にいるような気が少しだけしました。 

 明日、また生徒さんの一人がフライトテストを受けます。 天気も問題ないようだし、今日の最終調整フライトおよび口頭質問対策もしっかりできたので問題ないと思います。 がんばってもらいたいものです。 

 
(つづく)

2009-04-18

アイススケート。



 今日の夜、仕事の後に生徒の一人の誕生日会に行ってきました。 誕生会とはいっても、場所はスケートリンク。 さすがカナダ人! しかも夜10時からスケートって・・・(笑)。 約20年近くぶりにスケートをしましたが、そこそこすべれました。 まぁ、5回ほど尻餅をつきましたが。 なかなか楽しいものですね。 スキーと要領が違って手こずりました。 次にスケートをするのはまた10年後くらいかな〜。 

 今日は朝から夜まで飛び続けました。 明日も同じような感じです。 あさってフライトテストの生徒さんがいるので最後の詰めをしっかりしないと、と思っています。

 今日の写真はうちの猫。 最近、乾燥機の中がお気に入りみたいです(笑)。


(つづく)

2009-04-17

0フライト。

 今日は珍しくフライトがない一日になりました。 朝はメインランドへのクロカンフライトの予定でしたが、バンクーバー・アボツフォードエリアの天気がいまいちだったので来週に延期となりました。 次のフライトは生徒がNo show、つまり、予約の時間になっても現れませんでした。 最後のフライトは久しぶりに日本から来られた生徒さんと飛ぶ予定でしたが、ガストが25ノット以上出ていたのでキャンセルしました。 

 今日、オーストラリアに住んでいる大学時代の友達から荷物が届きました。 この友達は最近オーストラリアで結婚して、そのときに花束とワインを送ったんですが、そのお返しにとコアラのパイロットのぬいぐるみなどなどを送ってくれました。 パイロットグッズって本当にいろいろあるんですね。 カンタス航空のグッズらしいです、コアラのパイロット。

 明日は忙しい一日になりそうです。 天気もまずまずっぽいです。 夜は僕の生徒の一人の誕生日会があるのでアイススケートをしにいってきます!


(つづく)

2009-04-16

ER。

 今日、夜にいつもクラブでお世話になっているお医者さんを訪ねて、ロイヤルジュブリー病院の救急センターにいってきました。 いわゆるERですね。 結構待たされてましたが、一気にいろいろやってもらいました。 心電図、レントゲン写真、血液検査、etc。 ビクトリアジェネラルホスピタルと違ってすごく対応が素早かった気がします。 結局2時間ほどですべて終了。 特にウイルスでもなんでもないようで、薬をいくつかもらって帰ってきました。 知り合いのドクターがいたから早く診てもらえたように思います。 いつもクラブで見る先生とはまたひと味違い、白衣をまとってかっこいい救急ドクターという感じで見直してしまいました! 
 
 今日は日中、彼女とダンカンまで行ってきました。 初めてBrentwood Bayから対岸のMill Bayに渡るフェリーに乗りました。 25分間のセーリングで到着。 小さいフェリーでこじんまりしていて楽しかったです。 今日は天気がよかったので海の風が気持ちよかったです。

 
(つづく)

2009-04-14

ナイトフライト。

 今日は久しぶりに夜、クロスカントリーフライトに行ってきました。 ナナイモ空港とクオリカンビーチ空港に行ってきました。 天気は快晴。 雲はほとんどなく、綺麗な夕焼けを見ながらのフライトとなりました。 他にもたくさん飛んでいる訓練フライトを見かけました。 こんな天気が続いてくれるといいんですけどね。

 体調はいろんな方にご心配いただいていますが、相変わらずです。 明日、僕の航空身体検査をいつも担当してくれている先生に救急で診てもらってきます。 この先生、航空身体検査をする時以外はビクトリアのいろんな病院で救急の医師として働いているそうです。 次に生まれ変わるなら医者になりたい!なんて思ったりしますが、血を見るだけで血の気が引いて倒れる僕には絶対無理だと思います(笑)。

 明日から二日、休みです!


(つづく)

2009-04-13

1時間45分。

 

 咳がまだ続くので、今朝、またwalk-in clinicに行ってきました。 そうしたら、待ち時間が1時間45分と言われ、仕事まで2時間を切っていたので結局そのまま戻ってきました。 あさっての休みの午前中に行こうかと思います。

 今日はとある生徒さんとホープ空港に行こうとしましたが、チリワック空港を超えて峡谷に入る手前で雨と雲に囲まれてしまったので、結局諦めました。 この生徒さん、BCで水上飛行機の訓練を受けていて、CPLを終わらせるのにデュアル(同乗)時間が必要ということで僕と飛んでいます。 無線は面倒なのでやってくれ、と言われ、すべての無線を僕がやっています。 普段は生徒にやってもらうので僕が無線でしゃべるときは生徒さんがパニクったときくらいです。 今日のフライトでは久しぶりにしっかりはなせて楽しかったです!

 今日の写真はビクトリアフライングクラブメンバーにはおなじみの飛行機マニアのおじさんです。 自家用機の172を所有しています。 いつも空港にいて、飛行機の写真を撮ったり、無線を聞いたり、なにかをメモったりしています。 ただのマニアではなく、とても知識が豊富です。 よく話しをしますが、とにかくいろんなことを知っていて、いろいろ教えてくれます。 

 明日は3フライト。 2フライトキャンセルしましたが、この3フライトだけはやらないといけないのでがんばります。


(つづく)

 

2009-04-12

イースターホリデー。

 今週はイースターだったようです。 気がつけば、今日仕事に出ていた教官は僕だけでした・・・。 他の教官は皆休みにしてたみたいです。 

 とはいえ、今日は雨と風の影響でフライトはすべてキャンセル。 引き続き家で療養となりました。 気管支炎は相変わらずです。 果たして時間が解決してくれるのか、自然治癒力で治るのか。 早くすっきりしたいものです。

 明日はフライト2本。 飛べるかな〜?


(つづく)

2009-04-11

ようやく。



 ようやく体調が少し治ってきました。 せっかくの3連休だったのですが、結局3日ともベッドで過ごしました(涙)。 昨日、walk-in clinicに行ったら、気管支炎ですね、と言われました。 それなのに処方箋はくれない。 いったいこちらの医者ってどうなっているんでしょ〜? 日本なら、「医者にいく=薬をもらう」的な発想があると思いますが、こちらでは平気な顔して「タイレノール(市販薬)を飲んで様子を見てください」と言われます。 処方薬のほうが早く治るのは間違いないのに。 きっと処方する薬の量をコントロールしているんじゃないかと思います。 

 なにはともあれ、熱はようやく下がったし、頭がくらくらするのも治ったので、今日から仕事に戻りました。 でも咳が出てつらいです。 なので、フライトテストが近い生徒さんやよほどの理由がある生徒さん以外は申し訳ないですがフライトを当面キャンセルさせてもらっています。 このブログを読んでいる僕の生徒の皆さん、どうぞご理解・ご協力をお願いします。 体調が完治しましたら一生懸命働きますので。

 僕がベッドで3日を過ごしている間に外は良い天気になってきました。 今日の写真は僕が住んでいる家の前の桜です。 

 早く完治しないかな〜。


(つづく)

2009-04-07

ボナンザ!

 

今日も引き続き良いお天気でした。 それとは裏腹に僕の咳はひどくなるばかり・・・。 フライトはほとんどキャンセルしたんですが、1本だけある予定だったので、夕方くらいにクラブに行きました。

 どうやら生徒が1時間遅れてくるということだったので、ちょうどデジカメがあったのでふらふらと写真を撮っていたら、以前にも乗せてくれたボナンザという飛行機のパイロットの知り合いがナナイモまでちょっと飛んでくるというので、同乗させてもらいました。 今日の写真はビクトリアの滑走路09を出発してクロスウィンドターンをしているところです。 下に見えるのがシドニーの街。

 いや〜、ボナンザ。 軽飛行機のキャデラックと呼ばれるだけあってなかなか快適です。 そして速い! 我々が飛ばすセスナは上昇はだいたい70〜80ノット(約時速130キロくらい)でやりますが、ボナンザ(このパイロットの場合)は100ノット(時速180キロくらい)でクライムしていきます。 巡航速度も速くて140ノット(時速250キロくらい)です。 ナナイモまであっという間。 NDBアプローチのシミュレーションをやり、ミストアプローチ(着陸せずに上昇すること)をしてビクトリアのILS09を打って戻ってきました。 やっぱりコンスタントプロップ(プロペラの角度が変わる仕組みの飛行機)はいいですね。 

 今日、僕の生徒さんが一人フライトテストに合格しました! あ〜よかった!

 体調が優れないので、明日からしばらく休みですが休養をします。 ブログはさぼるかもしれません。 ごめんなさい!


(つづく)

2009-04-06

小さな世界。

 昨日、更新をさぼってしまいました。 ごめんなさい。 どうも体調が悪くて。 今日は熱がありましたが、どうしても飛ばないといけないフライトがあったので行ってきました。 最後のフライトではナナイモ空港とクオリカンビーチ空港に行ってきました。 後半はナイトフライトで、月が出ていて綺麗な景色が楽しめました。

 今日、とあるハプニングがあって、その関係でかビクトリア空港の管制官から直接電話がありました! あいにく電話は家においてフライトに出かけてきたので、フライトから戻ってきてから管制塔に電話してみました。 電話に出たのはいつも無線で聞く優しい声の管制官の方でした。 なんでもその方の奥さんが日本人らしく、僕の名前を電話で告げたとたんに「君のこと知ってるよ!」と言われました(驚)。 どうやらこのブログを見てくださっているみたいです。 ほんと、小さな世界ですね! 変なことは書けないなぁ・・・・(笑)。

 明日は午後4時からフライトがありますが、それまでは休養しようと思います。 せっかく天気が良くなってきて、水曜から三連休なのに、最悪の場合は休養で終わりそうです・・・。


(つづく)

2009-04-04

よい天気。



 今日もよい天気でした。 やっと春らしくなってきました。 街では芝を刈る家が増えてきて、草のにおいがしてなかなか春らしいです。 うちの前の桜も満開です。 「カナダにはさくらなんてないでしょ?」とよく言われますが、実は結構あります。 

 今日はPPLの生徒さんをキャンベルリバーに送り出しました。 今日のようなコンディションをずっと待っていました。 ようやく行けてもらえて安心しました。 

 明日も忙しいので、しっかり食べてがんばります〜。

 今日の写真は先日見かけたホンダシビック。 たしか、僕が小学生のときに近所のお菓子屋のおっちゃんがこれに乗ってたと思います。 カナダではまだまだ現役! 


(つづく)

2009-04-03

CYVR。

 今日、バンクーバー国際空港に行ってきました。 小型機で行くのは2回目で、PIC(機長)として行くのは初めてです。 生徒の一人が今度バンクーバーに友達を連れて行きたいからという理由で同行してきました。 さすがカナダでもっとも忙しい国際空港の一つだけあって規模が違います。 キャセイパシフィックの747やら、A340やらが行ったり来たり。 FBOに飛行機を停めて一休みしていると次から次へと小型プライベートジェットが往来。 ピストンエンジンの70年代の機体なんて我々だけだったような気がします(笑)。 バンクーバーに行くというと尻込みするプライベートパイロットは多いと思います。 僕も昔はそうでした。 でも、実は結構簡単にいけちゃいます。 ビクトリアからわずか25分ほど。 ただ無線は結構大変かな? しっかり準備をしていけば怖くありません!

 今夜はナイトフライトがありました。 サーキットには女性パイロットが3名。 皆、クラブのメンバーで、ナイトレーティングの訓練をしている生徒さん達です。 頼もしいな〜と思っちゃいました。


 (つづく)

2009-04-02

サイクリング。

 今日は自転車屋を巡ってきました。 気候がだいぶよくなってきて、また自転車欲が少しずつ出てきました。 ビクトリアは自転車に乗る人が多いので、自転車屋さんがたくさんあります。 でも、本格的な自転車屋はごく一部ですが、マニアックな自転車やパーツをおいている店もあります。 ずっと前からロードバイクが欲しかったのですが、もしかしたら中古で買うかもしれません。 

 明日からまたしばらく忙しい日々が続きそうです。 天気が良くなってくれればいいのですが。


(つづく)

2009-04-01

SVFR。

 VFRで飛べないときにSpecial VFRというのをリクエストすることができます。 雲が低過ぎたり、視界が悪すぎるときに、ある一定の条件をクリアすればリクエストできます。 今日は天気が悪く、無線をちょっと聞いてみたらビクトリアとバンクーバーのハーバーを結ぶ水上飛行機のパイロット達がSpecial VFRをリクエストして飛んでいました。 水上飛行機はいいですね、500ftで海の上を飛べますから。 陸上飛行機は無理です。 今日はフライト2本をキャンセル。 夜はグランドスクールをやりました。 やっと終わった〜! 



(つづく)